ミニマリスト日記

仕事、子育て、ミニマリズムなどなど。

中学受験マンガ『二月の勝者』が面白い

中学受験マンガ『二月の勝者』の7巻を読みました。
塾講師、子供、親の視点で生々しい中学受験の描写
がされていて面白いです。

中学受験は例えるなら競馬です。
塾が調教師ならば親はジョッキー、子供は馬(笑
子供が中学受験を始めたら、親もレースに参加して
鞭を打ち続けないといけません。

ところで僕の通っていた中学は偏差値70を超えて
いますが、その同級生たちがジョッキーになるのか
気になるところ。

女史陣の中には受験ママもいます。
当人も小・中学生時代は偏差値70超。
その子供も全国模試で一桁順位だそうで、
なんかすげえなと(笑

一方の男友達は僕も含めてのん気なもので、大学受験
で頑張れば良いじゃん派が多い。
僕も子供には小中は公立、高校受験で都立に行って
もらい、大学はできれば国立、私大でも早慶なら
学費は出すよと子供に伝えてあります(笑

『二月の勝者』では難関私大の難易度が上がっている
から中学受験で一貫校へ・・・という煽りがあります。

試しに本屋で過去問を見てみたのですが、僕が
受験した頃と大差なく。合格水準も変わりません。
早慶程度なら普通に勉強してれば普通に受かると
楽観視しています。

いつの時代も生徒より母親がのめり込む。
いつの時代も生徒より母親がのめり込む。

最近の受験界で興味深いのは、学部単位だと東大より
東工大の方が偏差値が高くなっていることです。

グローバル社会では、何を勉強したかがより重要に
なってくるのかもしれません。

なんにしろ、家庭学習ができている子供なら、親も
あまり焦る必要はないというのが僕の感想です。