ミニマリスト日記

仕事、子育て、ミニマリズムなどなど。

公私ともに断捨離

今日は寒いせいか、外には人が少なめ。
公園も閑散としていました。

こういう家の整理整頓に限ります。

溜まった郵便物を仕分けて、バサバサと
捨てました。気持ちいいですね。

勢い余って勤め先の名刺を捨ててしまい
ました。まぁ、オンライン以外で他人と
会いたくないので名刺もいらないかな(笑

実は勤め先でも断捨離をして、私物は全部
撤去しました。個人用のロッカーもある
のですが、中身は空。
仕事なんてノートPCさえあれば完結する
ので、余計なものはいりません。
テレワークなのでほとんど行きませんし。

家も本棚を処分し、机周りも整理整頓
しましたが、クローゼットや棚などの
収納がまだ煩雑。

収納はモノを隠してしまいます
収納はモノを隠してしまいます

家族が僕のクローゼットの一部を物置
代わりにしているので、正直、黙って
捨ててしまいたいのです。

もちろん怖いのでできませんが(笑

GW明けまで休校になってしまった

長女が通う小学校がGW明けまで休校に
なってしまいました。
習い事も休みになってしまいましたが、
暇にさせるわけにはいきません。

新学年の勉強は学校が用意してくれる課題と
Z会の通信講座に任せるとして、それでも
学習時間は減ってしまいます。

なので学校の課題とZ会通信講座にプラスして、
前学年の復習をさせることにしました。
Z会のグレードアップ問題集を購入し、
算数と国語をGW開けまで進めてもらいます。

幼稚園の次女にもZ会が届くのですが
それだけでは足りません。
そこで児童書をたくさん購入し、読み聞かせ
を行っています。最近の児童書は絵が今風で
可愛いので、次女も気に入っているようです
(読んでみると大人も楽しめます)。

勉強はいつでもどこでもできます
勉強はいつでもどこでもできます

非常事態だからこそ自分たちでできることは
進めていかなければいけません。

テレワークで試される家族仲

勤め先が原則出勤禁止になり、いままで
テレワークを利用していなかった社員たち
も強制在宅ワークになりました。
サテライトオフィスも使用禁止です。

グループ全体で数千人規模ですが、
事前に全社員にノートパソコンを配り、
テレカンやコミュニケーションツールの
整備、セキュリティ対策をして、挙げ句の
果てに期末賞与まで満額出した経営陣は
もっと褒められるべきだと思います(笑

しかし全社的にテレワークに移行すると

「家族がいると仕事がしづらい」

という声が当然出てきて、中には

「嫁と仲が悪いから家にいたくない」

という悲鳴も聞こえてきます。

そうか、だから出勤していたのだと(笑

一方、裏を返せば、奥様からすると旦那が
一日中家にいると迷惑なのか!?

うちも長女と次女が春休みで一日中家に
いるので、嫁が普段よりもピリピリして
います。

僕が粗相をしようものなら、何を言われるか
わかりません。

試される家族仲
試される家族仲

なので掃除洗濯は率先。
昼休みに買い出しをしたり、子供たちを
近くの公園や散歩に連れて行っています。
これで機嫌が保たれれば良いのですが・・・

経済の心配はしなくて大丈夫

今日は新入社員がたくさん入って来る予定なの
ですが、入社式とかやるんですかね?
僕は家から中継を見るのでしょうか?
よくわかっていません(笑

ところで新型コロナの拡大で非常事態宣言が出て、
都市封鎖が起きる可能性が高まってきました。
長期戦になるかもしれません。

経済への影響を心配する声もありますが、
人類史に残るウイルス禍ですから、医療崩壊
防ぐことが最優先になるのは仕方ないですね。

そもそも観光業や外食産業、イベント関連企業、
サプライチェーンが止まった製造小売業が多少
潰れたところで、日本にはまだ仕事がたくさん
あります。

スーパーやコンビニ、ドラッグストアがライフライン
になりますから、従業員は常に募集されるでしょう。
最近は個人の宅配業者も盛況ですから、失業者は
自然と流れることになります。
密閉空間の飲食店やイベント会場で働くよりも、
ウーバーイーツで自転車で駆け回った方が
健康的です。

仕事に支障がないご家庭も、この機会に固定費を
見直したり、生活習慣を変えることが大切です。
僕も保険の見直しやサブスクリプション
解約を行いました。
外食が減ると思うので、家でレシピの研究をして
います。
またジムやヨガ教室にいかなくても良いように、
自宅でトレーニングできるようなノウハウも
調べて実践しています。
再び景気が良くなった時に備えて資格の勉強を
するのも良いかもしれませんね(ただし試験が
中止されるリスクもあります)。

自重トレーニングだけでもかなり鍛えられます
自重トレーニングだけでもかなり鍛えられます

どのみち、増税で均等に負担をすることになる
ので、他人の心配をする必要はありません。
仕事や収入が安定しているご家庭は、
自粛に協力してウイルスの蔓延を防ぐことが
最大の社会貢献になります。

コロナで進んだ働き方改革

首都圏では週末の外出自粛要請が出て、
勤め先もテレワーク推奨から原則出勤禁止
になりました。
以前は気分転換に週に1回程度は出勤して
いたのですが、それも無理に。

まぁ、家でのんびり仕事ができて、給料が
変わらず出るわけですから、少しくらい
不便になっても文句を言ってはいけませんね。

昔、テレビで北欧だかの家族が紹介されていて、
お父さんが夕方には家に帰って家族と時間を
過ごしている姿を見て
「ヨーロッパはなんて素晴らしい世界なんだ」
と感動していました。

しかし日本も新型コロナウイルスの影響で
テレワークが半ば強引に普及し始め、夕飯を
家族でとれる家庭が増えていると思います。

この1ヵ月間で、取引先もテレワーク化が進み、
社外の打ち合わせもほぼテレカン。

普段はバシっとスーツを着てやってくる営業マン
が自宅でラフな格好で画面に映っていると
思わず笑ってしまいます。

お前ら、やればできるんじゃないかと(笑

午前はのんびり本を読んだりブログを書いたり・・・
午前はのんびり本を読んだりブログを書いたり・・・

このまま無事にウイルスを封じ込め、
テレワークや時差通勤があたりまえの
世界が残ると良いですね。

大学を卒業できない夢

数ヶ月に一回、大学を卒業できない夢を見ます。
昨夜もうなされて起きたら、社会人である自分に
気づいてホッとしました(笑

だいたい数学か何かの単位を落として、総単位も
足りずに、在学できる期限(8年?)が迫ります。
内定も出ているのにどうしようかと。

リアル過ぎて冷や汗をかいて目覚めます。

卒論の時期は図書館にこもっていました
卒論の時期は図書館にこもっていました

大学を卒業してずいぶん時間が経っていますが、
なんなんでしょうね。

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』 〜本当に人生やり直したい?

最近は毎日のようにAmazonで映画を見ています。

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜
という先祖代々伝わるタイムスリップ能力を
お父さんから伝授された主人公が、人助けや
恋愛に能力を使う・・・という映画。
家族愛が丁寧に描かれていて面白かったです。

過去に戻って人生をやり直せたら・・・と
思うことがあるかもしれません。
しかし、それは同時に、今の人生の良い部分を
失う可能性も。

本作品も過去に戻って失敗をやり直したものの、
上手くいっていた部分が変わってしまい狼狽
する主人公の姿が描かれています。

たしかに人生の転機は周到に計画したもの
ではなく、些細な出来事がきっかけだったり
します。

人生は何がきっかけで変わるかわかりません
人生は何がきっかけで変わるかわかりません

逆に言えば平凡な1日の中にも、人生を豊かに
し、将来を大きく変えるような何かがあるかも
しれません。

気づきを与えてくれる良い映画でした。

youtu.be