ミニマリスト日記

仕事、子育て、ミニマリズムなど。

豊かな時代と暮らし

NHKの朝ドラ『舞い上がれ』は個人的に当たり毎朝観ていますが、 もっと気になるのが午後に2話ずつ放送している『ひらり』。

92年に放送していた朝ドラで、ドリカムの歌と共に東京の景色が流れるオープニングが懐かしい。 当時のファッションや街並みを見るとバブルは崩壊していますが、日本社会がまだ豊かだった時代を感じます。 なにより主人公の石田ひかりさんがとんでもない可愛いさですね。

このドラマが放映された当時は僕はちょうど中学に上がった年で、電車を乗り継いで都心の学校に通っていました。 中学生になると移動範囲が広がりますから、学校の帰りは神保町の本屋街や新宿の紀伊国屋書店に行ったり、 友達と歌舞伎町で映画を観たり。私服で映画を観に行ったら風俗の呼び込みのお兄さんに声をかけられて、 「中学生です」と言ったら苦笑して肩を叩かれました(笑

秋葉原でもガジェットを漁っていました。まだパソコンは一部のオタク向けでしたが、秋葉原でドキドキしながら PC98を買った記憶があります。家電、電子機器、車など日本企業が主導して活気がありました。

この頃はまさか日本経済が30年以上も停滞するなんて思いもしなかった😇

でもどうなんでしょう。たしかに増税や物価高は痛いですが、当時と比べて豊かになった部分もあります。 街や映画館などの施設は綺麗だし、タバコやガムをポイ捨てする人もほとんどいません。

特に子供たちは数が少ないためか当時よりかなり好待遇に感じます。 今の親は(僕もですが)子供がちょっと風邪ひいたり怪我をしたらすぐ病院に連れて行きますが、 僕の時代はこんなんで病院行ったかな?と思うこともあります。 習い事も盛んだし、受験などの教育投資もとどまることを知りません。学校も至れり尽くせりですし。

個人的には何より労働環境が良いですね。在宅ワークがここまで普及するとは思いませんでした。 最近、都内は毎日のように電車が止まっていますが、朝ご飯を食べながらニュースを見て 「大変だなぁ」とのん気に過ごしています(通勤の人には申し訳ないですが・・・)。

また副業という概念が一般化したのは良いですね。 だいたい一つの企業で一生過ごすという状態が異常だっただけで、状況によって仕事を変えたり、 あるいは自分でスモールビジネスを立ち上げる方が健全です。

最近は日本社会のネガティブな面が目立ってしまいますが、良い部分にも目を向けて存分に利用することで 少なくとも個人は豊かに暮らせるように思えます。

懐かしい景色。
懐かしい景色。

あえて今年の目標を公開する

正月明け、実家から届いた蟹でカニパーティーをしました。 キッチンでは子供たちが珍しそうに蟹を解体してくれていたので、僕はただ待つのみ😅 あまりの美味しさに蟹に感謝するしかありません🦀 冬休みもそろそろ終わりですが、クリスマスや年末年始の行事を無事にこなせて良かったです。

年初と言えば今年の抱負ですが、あまり偉そうに目標を設定すると達成できなかった場合に 気まずいのでここ数年は控えていました。 しかし、波風荒れ狂う時代に安定した航海を続けるには、日頃の積み重ねが重要だと思い、 進路を見失わないためにもあえて記載することにしました。

今年の目標ですが、やはり個人事業の持続的発展です。 具体的には平日で4時間、休日にも2時間の時間を割いて取り組みます。

威勢よく6時間!とか10時間!とか書きたいのですが、「頑張らずに続けられること」が重要なので控えめに。 金額ではなく時間にしたのも、少しずつ続けていれば自然と成長できるからです。

僕は確信しているのですが、40歳を過ぎたら、頑張ったら負けです。 がむしゃらに頑張って心身壊しちゃ意味ありません。 頑張らずにぼちぼち続けられる状態こそ大事。 そのためには「好きな事をやる」ことが大前提ですね。 ぼちぼちでも勝てる勝負を選択することが大人の戦いです。

2023年もインフレが続くとか景気後退だとか言われていますが、それは社会の問題で私たちの問題ではありません。 今年も自分たちの生活はより良いものにしていきましょう。

今年も静かに暮らします。
今年も静かに暮らします。

憧れの山梨

冬休みということで、山梨までドライブしてきました。

展望台で富士山を拝みます。

富士山も見えます。斜めって見えますが山なみが斜めなだけです。
富士山も見えます。斜めって見えますが山なみが斜めなだけです。

山梨はしょっちゅう行っていますが、甲府市内は初めて観光。

城跡があります。武田信玄でしょうか?
城跡があります。武田信玄でしょうか?

鐘もありました。

趣のあるエリアです。
趣のあるエリアです。

お店も並んでいていい感じ。

信玄餅パフェを食べました。
信玄餅パフェを食べました。

クマも昼寝中。

お前は俺か。
お前は俺か。

僕は移住するなら山梨に憧れていて、都内まで車で2時間あれば行けますし、富士山や山脈に囲まれた景観は心が洗われます。 毎朝この景色を観ることができたら楽しいだろうなと。

仕事は幸いなことに場所を選ばずどこでもできるのですが、やはり問題は子育てか。 山梨大学という医学部から理工学部まで揃った名門国立大学がありますが、もちろん難関なので早慶上智といった滑り止めにできる 私大がある都内のようにはいきません。 山梨に住居を構えつつ、都内にマンションを一室保有・・・くらいが現実でしょうか。

いや、そんなことを言ったら山梨に住んでいる子育て世帯なんてたくさんあるわけで、 住んでしまえばどうにでもなるんだろうな。

とはいえ、いま住んでいる東京郊外も公園や文化施設教育機関が点在しているので特に生活に不自由はありません。 下手すると僕だけ山梨に住んで仕事して週末だけ帰ってくれば・・・と家族から突き放される可能性も(苦笑

まぁ、今年最後の遠出を楽しめたので現実的な話はまた来年考えよう。。。

冬休みに突入

毎年、クリスマスイブから年明けの3連休までの2週間超を冬休みにしています。 今年一年の振り返りと新年がスタートする良い時期です。

今年は仕事もプライベートも安定して、特に大きな変化もありませんでした。 世間もコロナ禍から抜け出しつつあるようで、旅行も何回か行き、子供たちの行事にも 参加できたので良かったです。

個人事業も不安定な取引先を切りつつも、新しい試みが少しずつ成果が出てきているので 来年もこの調子で進みたい。

何事ももっとバシバシ頑張るみたいなこともできたのかもしれませんが、あまり張り切ると続かなそうなので、 ほどよく進む方が自分には合っているように思います。

さて、冬休みですが、朝もダラダラせずに普段通り7時台には起きたいです。 休みの日こそメリハリをつける習慣にしたい。

そして最終週のゴミの日に向けて最後の大物である書類系を処分。 せめて2/3くらいにしたい・・・と目標は低めで😅

また長女が来年で中学生になるのですが、中学生の範囲の学習を奥さんと手分けして教えます。 英語はすでに中3までの範囲を終えているので、再度復習。 数学も冬休みと春休みで中1の範囲は終わらせたい。

こう書くと学習熱心な家庭だと思われるかもしれませんが、本音は逆で、さっさと受験範囲を終わらせて あとは自力で高校入試を突破して欲しい(笑

学校の宿題やZ会もあると思うので、あまり詰め込まず、英数合わせて1日1時間程度を考えています。

子供の事も大切ですが、自分の個人事業も重要なので毎日チマチマ取り組んでいく予定です。

あとはクリスマスや大晦日、お正月といった行事はしっかりこなす。これも大事な教育です。

最後に年明けから奥さんと子供たちを実家に送って、僕は独身生活を満喫(おい

僕にサンタはくるのか。。。?
僕にサンタはくるのか。。。?

友達付き合いと二日酔い

年末ということで、学友と食事をしてきました。 家族以外と外食することが久しぶり。

僕はかなり人付き合いが悪い部類ですが、同級生たちとはわりと仲が良くて、 マメに飲みに行ったり、家に招きあったり、旅行先で会ったりしています。 30年前から知っている安心感は絶大。

人間、人生のどこかで安全地帯を離れて一人でもがかないといけない場面もありますが、 40歳を過ぎると段々と寂しくなるというか(笑

家族といえども、そのうち子供は独立するだろうし、奥さんと四六時中一緒というのも お互いの精神衛生上良くないかもしれません。

そうなると気心の知れた友人という存在はむしろ歳をとってから重要になるのかも。

で、話は弾んだのですが普段全くお酒を飲まなくなったためか、少量飲んだだけで酔ってしまった・・・ 今日の日中は二日酔いでしたが、なんとか治った。。。

なんにせよ、日曜日に一人で外出してしまったので、次は家族サービスしないとなぁ。

お酒はほどほどに。
お酒はほどほどに。

日本の大学は素晴らしい

近所に国立大学や名門私立大学が点在していて大学祭に毎年行っていたのですが、 ここ2年間くらいはコロナで中止。今年はようやく再開してきたので、先月、会社を休んで奥さんと行ってきました。 コロナを遠慮してか規模は縮小気味でしたが、開催してくれただけでもありがたい。 平日なので展示物もゆっくり見られたり、休日は大行列の飲食店も空いていて楽しかったです。

僕は在学時はアホだったので気づきませんでしたが、日本の大学はとにかく素晴らしい。 まず諸外国と比べて学費が無茶苦茶安い。 国公立なら年間60万円、私大も年間100~200万円で通うことができます。 欧米の私立大学が年間400万円以上かかることを考えると、なんとも良心的な価格です。

そして教育内容が素晴らしい。 語学をとってもメジャー言語からマイナー言語まで本格的に学ぶことが可能。 また文系学生でも数学やコンピュータサイエンスといった理系科目を履修できますし、 哲学、倫理学、文学といったマニアックな科目もその道では一流の学者から学ぶことができます。 教授たちも親切で、質問をしたレアな学生には嬉々として応えてくれます(笑)

もし今、大学に戻れるなら語学を2つくらい実用レベルまで学ぶか、モラトリアムを最大限活用して 個人事業を作るでしょうね。就職時点で副業を持っていたら今頃プチセレブだったかも。。。

図書館も充実していました。
図書館も充実していました。

配偶者との会話

金曜に休みを取って、長男を幼稚園に送った後に美術館で見たい企画がやっていたので奥さんと行ってきました。

こういう時は結婚していて良かったと思います。 もし独身男性だったら、例えば同世代の独身女性と連れ立つと最終的にどこまで誘うのが礼儀なのかよくわかりません。 逆に若い人とデートするとパパ活か何かと思われそう。かといって男同士で行くと先進的なカップルと映るかもしれない。 映画や観劇、美術館など感想を述べあうのも楽しみの一つなので、一人で行くのもちょっと。

というわけで、配偶者というのは非常に気楽なものだなと。

平日だと美術館も空いている・・・と思ったら学生の団体がいてやや混んでいました。 その後、オープンテラスで紅葉を見ながらランチ。

気になったのは美術館もレストランも客はほぼ女性。 ママ友や子育てがひと段落して奥様たちが友人同士で来ているのでしょうか。 中には一人で本を読みながらランチをしている優雅な方も。 隣の席では老婦人たちが年金や孫の教育について議論していたり。 日本社会の暗いニュースが多いですが、平日の行楽地にいくと落ち着いた生活をしている人たちもいて安心します。

一方で職場の同僚なんかは出産して子供を保育園にぶち込んですぐ復帰している女性たちが多く、 仕事と育児でボロボロになっている様を見ているので、男女共同参画社会というのは本当に 正しいのだろうかとふと疑問に思いました。

いやあ、ブログだから本音を書きますが、生物的にも文化的にも子供が小さいうちから共働き状態にすることを社会の標準にするのは間違いですよ。 昭和的に思われるかもしれませんが、旦那を馬車馬のように働かせつつ、子供を幼稚園に預けたら奥様同士でランチ・・・ みたいな方が僕は健全だと思うんだけどなぁ。子供にとっても家に帰ったらお母さんがいることが一番の 安心ではないかと。

などと口には出さずに料理を待っていました。

僕は在宅ワークということもあって奥さんとはよく話す方だとは思うのですが、冷静に考えると子供がいない 状態で会話することはここ10年くらいなくて、やはり二人で出かけるのは新鮮だなと。 奥さんも長男が小学生くらいになって少し手が離れたら、家でやりたい仕事があると言っていて、 そういうことを考えているのを全然知らなかったのでゆっくり将来を話す機会も大切だなと思いました。

外で食べると新鮮。
外で食べると新鮮。