ミニマリスト日記

仕事、子育て、ミニマリズムなどなど。

さよならHHK

楽家は楽器を選びますし、イチローもバットを
選びます。

並列するのは大変恐縮ですが、僕にも10年以上、
苦楽を共にしたキーボードがあります(笑

それがHHK

ハイパーハッキングキーボード
ハイパーハッキングキーボード

これを使っていると周りから

「ずいぶん小さいキーボードを使っているんですね」

と言われます。

お値段、32,000円(税抜)と伝えると、

「キーボードが3万円!?(バカじゃないの!?)」

と、みんな驚きます(心の声も届きます)。

もちろん、お値段以上の効用は確実にあります。

まず小さいので机の上が広く使えます。

そしてタイピングの心地よさ。
適度な反動と、カタカタという心地よい音。

高級車の製造にはドアの閉まる音を調整する
職人がいると言いますが、このキーボードの
生産工場にも職人がいるに違いありません(たぶん)。

しかし最近はMacBookProを使っているので、
あまり出番はありません。
HHKには及びませんが、Appleの軽いキータッチも
嫌いではありません・・・

HHKは思い出の品として記憶に残し、こうやって
写真を撮ってブログに載せ、手放すことにしました。

さよならHHK