星の鼓動は愛

平凡サラリーマンが副業にコミットしてイケてるオッサンになるためのブログ

話題にならなくなったプレミアムフライデー

当初は「ホワイト企業がよりホワイトになっただけ」などと揶揄された
プレミアムフライデーだが、もはや話題にすらならなくなった。

そもそも民間企業の労働時間をお上が決めることに無理があったのだろうか。
しかしお上に言われないと何もできないのが、日本人の性質なのもまた事実。
最近もクールビズの設定温度が28度は高すぎるということで、政府会議で
議論されている。

www.nikkei.com

暑ければ周りに断ってエアコンの温度を下げるなり、顧客に一言言って背広を
脱げばいいと思う乗っだが、日本のおっさんたちは、それすらも政府に決めて
もらわないといけないのだ。もはや失笑するしかない。

プレミアムフライデーを導入している企業も、企業の方針というよりも
周りの企業がやっているかもしれないし、長時間労働が問題になっているから
とりあえず導入しようという事なかれ主義の結果かもしれない。

f:id:danceswithwolves:20170526221908j:plain:w400

僕の勤める会社も、あまりにも世間でプレミアムフライデーが話題にならない
ものだから「なんでうちだけ導入してるんだ?」という流れになっている。

しかしまぁ、制度として残っているので、僕は遠慮せずに15時に退社してきた。

嫁から「帰りに洗濯機を買ってきて欲しい」という要望があったので、家電量販店へ。
家の洗濯機は僕がまだ独身時代に買った15年ほど前のもので、限界に来ている。
ドラム式は大きすぎるので、タテ型で乾燥機付きのタイプを購入。
これで梅雨を乗り越えられれば良いが・・・