読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の鼓動は愛

平凡サラリーマンが副業にコミットしてイケてるオッサンになるためのブログ

一流の専門家になるより1.5流のスキルを3つ身に付けよう

ブログ

私大文系卒の僕は大学卒業時点で、まともな専門分野や技術は持っていなかった。
社会人になってからも人に誇れるようなスキルや経験は持たずに来てしまった。

マジで終わってる人材である。

しかし今から何かの分野に特化して一流の人材になるには、不可能ではないかもしれないが
相当の努力や才覚が必要だ。僕は努力が大嫌いだし、自分に特別な才能があるとも思えない。

何かで読んだが、一流になるには1万時間の学習時間や経験が必要だそうだ。
1日6時間の学習を365日休みなくやって、5年もかかるのだ。
残念ながら僕は3年後の40歳にはお金持ちでモテモテのオッサンになっていなくてはいけないので、
そんな悠長なことをしているわけにはいかない。

そこで僕は考えた。
一流になるのは大変だが、1.5流くらいなら、僕でもなんとか到達できるのではないか。
学習曲線を考えれば1.5流の人が1流になるのは、未経験から1.5流になるまでの学習時間の
何倍もの時間がかかる。逆に考えれば、1.5流くらいなら、短期間でもいけるんじゃないかと。

f:id:danceswithwolves:20161210212932j:plain:w400

僕はサラリーマンとして会社ではデータを分析しマーケティングに活かす仕事をしている。
といってもマーケティングに本格的なデータを用い始めたのはここ数ヶ月の話だ。
僕の勤める古いド日系企業はオッサンたちの勘で意思決定を行ってきたが、
さすがにそれだと倒産待った無しなので、ようやく、社内のさまざまなデータを集約する
データウェアハウスを構築したのだ。
業務でやっていれば、1年くらいで1.5流くらいにはなるだろう。

そして学習している英語であるが、コミットメントをTOEICにしていたが、本来の目的は
外国人のお姉さんと仲良くなることだ。
ここ数ヶ月の学習で基本的な英文法、リーディング、ライティング、リスニングはできて
きたので、オンラインの英会話を利用してこれも1~2年のうちに日常会話くらいはできる
レベルにしたい。

最後に副業で行っているシステム開発であるが、これも案件ベースで勉強しながら進めて
いけば1~2年で小中規模のシステムを独りで開発でき、かつパートナーに適切な指示が
出せるくらいにはなるだろう。そもそも先月納品したシステムを開発する前、
僕はWebシステムなんて作ったことも無かったことを考えたら、飛躍的な進歩だ。
まずはやってみることが大事なのだ。

まとめると僕の身につけるべき1.5流のスキルは下記になる。

これらの分野を複合し、特に副業に活かしていくことで、40歳までにはそこそこ稼げて
外国人留学生あたりと仲良くなっているというのが、僕の短期の人生計画だ。