星の鼓動は愛

平凡サラリーマンが副業にコミットしてイケてるオッサンになるためのブログ

淡々と過ぎゆく名もなき日々

最近、粛々と毎日を過ごしているので、ブログに書くことが何もない・・・
ストレスフリーなのは良いのだけれど、記憶に残るエピソードがないので
人生は進歩しているのか、成長しているのか、という不安がないわけではない。

もちろん三ヶ月、半年と振り返れば、それなりにパワーアップしている面はある。
例えば僕は会社で業務データの分析を行っているが、大規模データをどのように
蓄積すれば良いか、ある種類の業務ではどのような分析が望ましいか、また
そのデータ調査の手法は何が良いか、データを取り出し加工するさいに
どのような方法(SQL、プログラムの並列処理など)が良いか、現場に共有する
さいの可視化の方法など、三ヶ月前に比べれば格段にレベルが上がっている。

副業で行っている個人事業の場合、企業オーナーと直接対話ができるが、
会社勤めとなると縦割りになっている部署間のコミュニケーションが最も
厄介な問題だ。だが、各部署のキーパーソンと調整できるように行っていた
根回しの結果も出ている(我ながら見事なサラリーマンぶりだ)。

また、英語。三ヶ月ほどSkype英会話を行って東欧の美女たちと話してきたが、
普通に会話するには困らない程度になった。これはSkype英会話のおかげという
よりも、日々通勤電車で念仏のように唱えている英作文集のおかげだ。
(ちなみにSkype英会話は現時点での弱点や今後の重点学習ポイントがわかった
ので、一旦、止めている)
映画を英語字幕で観ることにより、ネイティブの会話も徐々にやや聞ける程度には
なりつつある(まだ字幕がないと無理だが)。

黙々と続けている筋トレのおかげか、体重の増減もない。
食生活や睡眠時間も気を使っているので、アラフォーにしてお肌もプルプルである。

f:id:danceswithwolves:20170923180926j:plain:w400

ドラゴンクエストのボス戦は派手な必殺技や魔法が飛び交うが、その技を覚えるのは
日頃のスライム狩りの成果である。
悟空がピッコロ大魔王やフリーザと死闘を繰り広げ勝利するのは、描写こそされない
が地道な修行の成果でもある。

ここ最近はブログに書けるようなエピソードはまるでないが、このような淡々とした
名もなき日々が、いずれ記憶に残る日に繋がるのだろうか。

なぜ急にFXを始めたのか

僕は個人事業で投資関連会社のシステム開発を行っているのだが、
自分で株式や為替、商品先物などのリスク性の金融商品に投資を
したことがなかった。仕事のためというのもあるのだが、
ちょっと面白そうだったので勉強がてら投資を行ってみることにした。

f:id:danceswithwolves:20170913214108j:plain:w400

開発しているシステムは株式投資のものだが、僕は為替を選んだ。
株式より流動性が高く1約定しやすいこと、レバレッジがあるので少額から
始められることもあるのだが、単にマクロ経済が面白いというのが本音だ。

日経アプリのキーワードに「為替」「FRB」「ECB」「日銀」などを追加し、
記事をまとめている。

毎朝、記事を確認し、なぜ為替が動いたのかノートに書いている。
例えば昨日の出来事ならば、「英国CPIの上昇→ポンド高値」などといった感じだ。
そしてチャートを出して、具体的にどう動いたのか、テクニカルはどのように
機能したのか確認する。

実際にポジションを取るのは夜で、いくつかの売買ルールを元に売り買い注文を入れる。
そして1日〜数日で手仕舞う。

昼間もチャートを見るが、それは日経のニュースが更新されたタイミングで、
記事内容を具体的に確認するためだ。自分のポジションの損益はあまり気にしない。

というか、気にしなくて済むようなトレードの仕方にしている。

僕がFXを始めて良かったと思うのは、各国政府や中央銀行の金融政策や指標が為替に
どう影響するのか興味を持てたことだ。こうなると俄然、経済ニュースが楽しくなって
通勤電車や昼休み、会議(!)で記事を追ってしまう。
まぁ、しばらくは趣味的に続けていければ良いと思う。


  1. 為替市場は毎日5兆ドル(550兆円)の取引がある。ちなみに東京株式市場の出来高が約2兆円、日本のGDPが約500兆円。

科学博物館の深海展に行ってきた

上野の国立科学博物館で行っている夏の企画展、
『深海2017~最深研究でせまる”生命”と”地球”~』に行ってきた。

shinkai2017.jp

夏休み中は大人気で混みすぎているという噂だったので、9月なら
空いているだろうと油断したのが運の尽き。
前売り券を買わずに行ったら、整理券をもらうまで20~30分は並んだ。
これから行く人は前売り券を買った方が良いです。
JAFの会員は駐車場と深海展のクーポンが送られているハズ)

整理券をもらって、時間までは常設展を見る。

f:id:danceswithwolves:20170910161042j:plain:w400

恐竜のレプリカ。
こんなのが襲ってきたらさぞ怖いだろう。

f:id:danceswithwolves:20170910161103j:plain:w400

骨は全体の一部しか見つかっていないのだが、アメリカの博物館に
保管されているものからレプリカを再現した。

学芸員のおじいさんが言っていた。

いよいよ深海展。
入り口付近はめちゃくちゃ混んでいる・・・
奥に進むにつれて空いてくるが、実はメインは奥の方。

f:id:danceswithwolves:20170910172111j:plain:w400

おお、グロテスク。
餌も少ないし、水圧も高いし、暗いし、この魚たちは何で
わざわざ深海に棲んでいるのだろうか・・・

f:id:danceswithwolves:20170910161344j:plain:w400

奥の展示の方が大きい深海魚が多いので、面白いかも。
人は前半に集中しているので空いている。

f:id:danceswithwolves:20170910161124j:plain:w400

数年前に流行ったダイオウイカも。

最後は360度シアターの恐竜を観て帰った。
久しぶりに超混んでいる展示を観たので疲れた。。。

中年男の取り組むべき優先順位

涼しくなってきたので、ローファーは止めて普通の革靴を履くことにした。
一足くらい新しい靴を買おうと思い、安い・丈夫・お洒落と三拍子揃った
いつものリーガルへ。

f:id:danceswithwolves:20170909173301j:plain:w300

内羽、ストレートチップはフォーマルな型だが、ダークブラウンで光沢がある
タイプだとカジュアルパーティーでも使えるので便利だ。
といっても用途は普段使いだが。

靴といえば、20代の頃にD&Gの先のとんがった革靴を買ったことがあるのだが、
思い返すと顔から火が噴き出しそうだ・・・
まぁ、そういう痛い経験を糧に、TPOがわかってくるので良しとしよう。

これは僕自身の経験だが、中年男は自己啓発や勉強するよりも、まずもって
身だしなみを整えた方が良い。

10代や20代前半の男子はモテたいがために8割くらいは(方向性は置いておいて)
一応は見た目に気を使っている。
ところが30代も半ばを過ぎると、8割の男がキモくてデブで覇気のないオッサンに
成り下がる。

真の男ならばそこを踏みとどまって健康的な食生活と適度な運動で体型を維持し、
きちんとした服装をするべきではなかろうか。

僕は昨年から人生を豊かにするために副業や勉強に勤しんでいるが、結論を述べると、
男はまず身だしなみが 最優先だと思う。
次に金、そして知性や教養はその後でも良いくらいだ。

嫁よ、頼むから金を使ってくれ

僕の家は長女が生まれた時は共働きだったので、保育園に入れた。
けれど、子供が少しでも体調を崩せば預かれないし、呼び出しもされる。
なので、半年過ぎで共働きを諦め、嫁に頼んで仕事を辞めてもらった。

f:id:danceswithwolves:20170906213325j:plain:w400

嫁はちょこちょこ個人で前職の会社から仕事を請けたり、今でも自営業を目指して
資格取得の勉強をしている。キャリア的に未練はあるのかなぁと不憫に思わなくもない。

ところで僕は会社から受け取る給料を全額、家に入れている。
額面で約60万円だが手取りは50万円弱くらいだろうか。自分で言うのもなんだが、
割と慎ましく暮らしているので、それでもお金はそこそこ余るはずだ。

なのに、なんというか、嫁が洋服や化粧品、美容院などにお金をかけるのを
遠慮しているように見える(ただしめちゃくちゃ器用なので自分でカットしても
それなりに見える。どうやってるんだ・・・?)。
いや、賞与は全額貯金しているし、僕のお小遣いは個人事業の売上で賄えるどころか
お釣りが出まくりなので、生活費から余ったお金は遠慮せずに使ってくれよと思う。

繰り返し手前味噌で恐縮だが、僕はかなり保守的に人生設計をしている。
家は将来的に親の不動産を継げば良いと思っているので、賃貸だ。
車も一括払いなので、ローンは一切なし!

教育費も一般的な大学4年間にかかる学費は娘二人分をすでに貯めている。
それまでは公立で済ませる予定だし、あとはZ会と僕が教えれば、あまり塾や予備校に
費用をかけずとも、一般的なレベルの大学は受かるだろう。
そして老後も年金はもらえないものと考え、個人事業と不動産、あわよくば投資と
3段構えで備えている(夫婦分の個人年金確定拠出年金も一応はある)。

なので、毎月の給料で余ったお金は、全額使っていただいて全くかまわない。
なんなんだ、専業主婦だと遠慮するのだろうか?

もうあれだ、嫁が洋服を買った金額分、僕も新しい洋服を買うような制度設計に
しようかしら。それくらいしないと使いそうにない。

世の中的にも共働きが主流になってきているが、専業主婦もさらに評価するべきだと思う。
四六時中、子供二人相手(僕もいれると三人か)ってそうとう大変だぞ・・・

結婚相手の選び方〜女性の怖さを思い知る

僕は最近、女の人は恐ろしいなと感じる機会があった。

今から10年ほど前、当時の僕は20代半ば〜後半で、学友たちの結婚式ラッシュに遭遇していた。
結婚式に出るたびに、男友達の奥様たちが非常に美しく、知的で、気立てが良いことに驚いた。
「なんであんな奴に、こんな綺麗な奥様が・・・」と結婚式のたびに心底びびった。

僕の学友たちの個性は様々で、モテる奴もいたしそうでない奴もいた。
しかし、連中のスペックより明らかに奥様たちは高スペックだった。

あれから10年、僕は学友たちと年に1度は食事をする。
皆、子煩悩の良い父親になっている。
仕事も順調で、ようやく、奥様のスペックに男どもが追いついてきた感じである。

!?

僕は背筋が凍る思いをした。
まさか、奥様たちは、彼らがこうなることを知っていたのだろうか?

f:id:danceswithwolves:20170904230138j:plain:w400

しかしそれならば、あんなに美しい女性たちが、まだ芽が出ていない小僧どもを
あえて選んでいった合点がいく(小僧といっても、たいてい奥様は同い年か年下だが)。

今現在、奥様たちは専業主婦もいれば、キャリアを継続したり仕事に復帰している人も
いて状況は様々だが、概ね、自分のやりたいことをやっているように思える。
あえて、実績も何もない小僧に投資し、長期的にリターンを得ているようにも見える。

いや、たまたまなのか、女性としての本能なのか、それとも計算しているのか、
いったい真実はどこにあるのだろうか・・・

FXトレーダーフェスタに参加してきた

僕は個人事業で投資関連会社のシステム開発を行なっているのだが、
自分でトレードをしたことはなかった。
そこで勉強がてら流動性が高く比較的リスクの少ないFXを始めたのだが、
他のトレーダーがどういう考えで売買をしているか知りたかった。
もちろん個人事業のクライアントたちは投資家が多いのだが、
資産が億単位なので、僕のトレードの参考にはならない。
僕は等身大のトレーダーたちの話が聞きたいのだ。
そしてFXトレーダーフェスタという存在を知って、勉強会と懇親会に参加してきた。

f:id:danceswithwolves:20170903212811j:plain:w400

僕は自分でトレードをしてみて、いくつか気になっている点があった。
勉強会パートはそれらの疑問に対して示唆に富む内容だった。

また懇親会でトレーダーたちと話すことができてとても楽しかった。
誤解されがちだが、この手のイベントに参加する人たちは、材料や手法を
知りたいわけではない。人によって資金も投資スタイルも違うので、
他人の手法などまず参考にならないのだ。
トレードは孤独な作業で、お金が絡むことゆえに会社で話すことははばかられる。
個人トレーダーたちは共通の話題が話せる仲間が欲しかったのだ。

イベントに参加して最大の収穫は僕の中で新しい投資コミュニティができたことだ。
自分のトレードはもちろん、個人事業で行なっているシステム開発にも新しい意義が生まれた。

僕は勤めている会社の仕事は給料をもらうための手段で、会社のリスクで勉強をしていると
うそぶいているが、本音はモチベーション維持に苦しんでいた。

danceswithwolves.hatenablog.com

仕事は、やはり何かにコミットしなければ面白くないのだ。
個人事業は僕の人的資本(個人の成長)であり、トレーダーとして得る利益は
金融資産(自由の源泉)だ。この人的資本と金融資産を形成する軸として
「投資」に取り組んでいきたい。