ミニマリストの遥かなる旅路

仕事、子育て、ミニマリズムなどなど。

余計なものからは距離をおこう

今日は在宅ワークなので洗濯物を干して、
リビングと寝室の掃除をしてから自室で仕事

・・・の前に疲れたので休憩(笑

人生はゆとりが大事です。
人生はゆとりが大事です。

昨年から本、衣類、雑貨類をガンガン
捨ててきました。
今にして思うとあれだけのモノを
よく所有していたなぁと呆れます。

結局、何が大切で何がそうではないか、
区別ができていなかったのだと思います。

私生活や仕事でも同じ。

現代社会は衝動的な欲求を刺激したり、
必要ないモノを必要だと勘違いさせる
ことに溢れています。

そういった類からは意識して距離をおかないと
貴重な時間やお金を失ってしまいますね。

会議が多い会社

世の中には会議が多い企業があります。
勤め先がまさにその会社。

今日は会議が5つあり、計5時間。

IT時代なのだからそれぞれリモートで
出席し、質疑応答があれば音声や
チャットで参加すれば良いのにと
つくづく思います。

顔を合わせることに意味はありません。
顔を合わせることに意味はありません。

愚痴っても仕方ないので、ノートPCを
持ち込んで新聞や本を読んでいました。

急に話を振られると困りますが、
平静を装って答えるのもサラリーマン
には重要なスキルですね(笑

営業とエンジニアはおすすめ職種

昨日頑張って働いて、今週分の仕事はほぼ終えた
ので、今日はのんびり読書をして過ごしました。

もはや読書の合間の息抜きに仕事してます。
もはや読書の合間の息抜きに仕事してます。

ところでネットの記事を読むと、営業やエンジニア
はブラックの代表格みたいな扱われ方です。
しかしどちらもアウトプットさえ出していれば
文句を 言われません。
実は「楽」な職種だと思います。

僕の場合、勤め先のデータ分析と個人事業の
システム開発にプログラミングを使います。
パズルのようなもので、ほぼ遊びの感覚。
これでお金が稼げるなんてラッキーです。

また人付き合いが億劫でないなら営業も
おすすめです。
仕事は知識やスキルはあって当たり前。
結局、人脈がモノを言います。
営業は人と接する前線ですから、ビジネスの
コアにアクセスするには最適な職種です。

どちらの職種も才能があれば億万長者を
目指せますし、最低限の素養があれば
生活に困らない程度は稼げます。

個人的にはおすすめの職業ですが、
偏った情報が目立つので残念に思えます。

仕事にときめかない悲しさ

勤め先の所定労働時間は7時間。
普段は4時間ほど働いて、残りの3時間は
本や論文を読んでいます。
が、今日は締め切りのある仕事や、
細々した相談依頼があったので7時間
がっつり働いて疲れました。

仕事が楽しかった頃は毎日21時まで働いて
当時の上司と六本木の街に繰り出したり、
日にちをまたいで働いてタクシー帰り、
翌日5時起きとかしてました。
海外出張からそのまま出社した時も。

20代〜30代前半は仕事に「ときめき」が
ありました。

それが今ではいかに楽するかしか考えて
いません。

確かに楽なのですが・・・
確かに楽なのですが・・・

確かに気楽なのですが、このままで良いのかと
悩む時もあります。

土日祝日は勉強も仕事もしません。

休日は車移動が多いのですが、
今日は長女だけなので電車移動。
都心は駐車場を探すのも一苦労なので、
少人数なら電車の方が気楽ですね。

秋葉原で降りて万世でランチ。
秋葉原御徒町を歩いて上野のみはしで
餡蜜を食べて上野公園へ。

秋葉原は無茶苦茶な街並みで面白いですね。
秋葉原は無茶苦茶な街並みで面白いですね。

アメ横もすごい賑わいでした。
アメ横もすごい賑わいでした。

ゴッホ展のチケットをもらったのですが、
2時間待ちだったので諦めて動物園。
連休の最後だからどこも混んでいましたが、
ゆっくり街をウロウロできたので
楽しかったです。

ところで今年から、土日祝日は基本的に
勉強や仕事をしない事にしました。

そもそもゆっくり豊かに過ごすために
働いたりスキルアップをしているのに、
肝心の休日を満喫しないのは本末転倒。

また休日の制限がある方が平日の
時間を無駄にしないように思えます。

まだ実験段階ですが、今の所、メリハリ
ができて良い感じです。

三カ年計画と断捨離

50歳セミリタイアを目標に三カ年計画を
作りました。
まだ10年ありますが、さすがに10年先は
わかりません。
ですので、3年先を目安に、毎年の計画を
立てることにしました。

3年間の大まかな目標とToDoリストを
書き出します。

南の島でまったり仕事します。
南の島でまったり仕事します。

すると、この三年間に使わないモノや
読まない本は処分しても良いと思えて
きました。

なので昨年の本棚処分やミニマリスト
ゲームで残っていた本やモノ、衣類から
も処分品をまとめました。
ダンボール3箱分にはなりました。

あれだけ捨てたのに、まだこんなに
残っているとは・・・
広いクローゼットも注意が必要ですね。

ミニマリスト最初の失敗

嫁が子供部屋の収納棚を買おうと計画
しています。

しかしちょっと待ってほしい・・・

僕は何事も形から入る人間なのですが、
ミニマリズムに目覚めた時に、
収納グッズを先に揃えてしまいました。

これが失敗。

収納棚やケース類がかさばってしまう
というアホな結果に。
断捨離したいのに、モノを増やして
どうすんだと(笑

憧れてラックを買ってしまいそう。
憧れてラックを買ってしまいそう。

「整理整頓」という言葉通り、
まずは「整理」、つまり不要なものは
処分することが大切です。

その後の「整頓」の段階で収納を考える
べきでした。