星の鼓動は愛

平凡サラリーマンが副業にコミットしてイケてるオッサンになるためのブログ

『幸福の「資本」論』〜思考と疑問は他人の知恵を借りてでも言語化した方が良い

橘玲著『幸福の「資本」論』を読んだ。

僕はサラリーマンをしている傍で個人事業をしている妻子持ちの
善良な一市民だが、仕事や生活の中で自分の方向性を模索したり、
あるいは日本社会に様々な疑問を抱いていた。

例えば会社でかなきり声を出す上司と詰められる同僚を見て

「こいつら、なんでこんな些細なことに親でも殺されたかのごとく
切羽詰まっているんだ? 『間違えちゃったテヘペロ』、
『次から気をつけようね』・・・で良いじゃねえか」

と冷ややかな視線を送っていた。

あるいは、僕は個人事業の売上を節税できることに驚きを感じた。
その威力たるや驚くべきものだ。サラリーマンで毎年100万円貯める
ことがどれだけ大変だと思っているんだ。副業したら一瞬じゃねえか!
と天変地異が起きたかのように震えた。

これはサラリーマン生活はほどほどに、副業に全力で取り組んだ方が
人生豊かになるのじゃないかと人生の方向転換をしようとしていた。

しかしその方向性や疑問を言語化することができていなかった。
なんとなくそう感じる・・・程度である。

ところが『幸福の「資本」論』は筆者の幅広い知識と深い洞察の元、
僕のモヤモヤしていたものが見事に明文化されていたのだ。

f:id:danceswithwolves:20170621220302j:plain:w400

まるで暗闇の中で航路を照らし出す灯台のような本だ。
(失礼ながら、僕は筆者がどのような人か全く知らないし、そもそも
名前の読み方すらわからないのだが・・・)

筆者は「金融資産・人的資本・社会資本」というフレームワークを用いて
僕たちの人生を紐解いている。

金融資産は文字通りだが、人的資本は働いて金銭を得るための力、
社会資本は人間関係だ。

筆者の以下のように結論づける。

  1. 金融資産は分散投資
  2. 人的資本は好きなことに集中投資
  3. 社会資本は小さな愛情空間(家族や恋人)と大きな貨幣空間(友人、同僚、取引先など)に分散投資

僕は1と3については全くの同意見だ。
1は言うまでもないが、3の社会資本は的確な理由付けと明文化
されていたことに僕は勇気付けられた。
僕は真に親密な関係は家族だけで十分だし、年に1、2回程度、
食事をして近況を報告し合う友人が数名いれば良いと考えているからだ。
個人事業のクライアントは友人ではなく良きビジネスパートナーだし、
会社の同僚・上司は僕の人生のモブでしかない。
マイルドヤンキー(地方在住の若い貧乏人たち)や普通のサラリーマンは
友人や同僚・上司といった社会資本が生命線だが、僕にとっては過渡の
交遊は成長を妨げるマイナス要因でしかない。
家族と少数の友人、ビジネスパートナーだけいれば十分である。

一方で、筆者は人的資本を好きなことに集中投資することと、
子供の頃のキャラが「自己実現のためのほんとうの自分=天職」と述べているが、
これに関しては完全に同意はできない。

なぜなら、本来の自分は経験がないと気づけないからだ。
僕は元来オタク気質なので、営業などは全く向かないと考えていた。
ところが20代の頃に人とコミュニケーションをする仕事をした時、
意外にも自分は営業向きなのではないかと気づいた。今でも個人事業は自分で
営業しているが、ちまちまシステムを開発するよりも、クライアントの抱える
問題や解決方法を一緒に模索する方が向いていると感じる。
これは最近になるまでわからなかった、自分に対する発見である。

以前紹介した『Grit』でも天職はすぐに見つけら れるものではなく、
さまざまな試行錯誤と努力の末にたどり着くものだと述べられていた。
天職は常に探し続けなければならないものだろう。
(まぁ、しかし、覚えていないだけで子供の頃に原体験があるのかもしれないが)

だが筆者の言う「人的資本は好きなことに集中投資」という考えは否定できない。
結局、どんな努力も「そもそも対象が好きな人」には勝てないからだ。
そして何かをやろうとする人にとって、日々の時間はあまりにも少ない。
嫌いなこと、興味もないことに避ける時間は全くないのだ。

なんにせよ、橘玲氏の『幸福の「資本」論』は自信をもって薦められる良書だ。

f:id:danceswithwolves:20170621220427j:plain:w300

日々の思考や疑問はなるべく言語化した方が行動に落とし込みやすい。
時間がなかったり、あるいは単純に知識や知力が不足している場合、
誰か他人に手助けしてもらう方が良いだろう。

税務署講習の後にコメダ珈琲で勉強

税務署が開いている確定申告に関する講習に、会社を休んで行ってきた。
配られた資料はかなり役に立ちそうな感じだったが、プレゼンをしていた
税理士さんがボソボソ読み上げるだけなので非常に眠かった。
最後に税務署職員がいくつかのトピックを説明していたが、そちらの方が
楽しかった。職員は非常に優しそうな方だったが、それは僕たちが税金を
納める意思があるからだろう。もし申告に不都合があれば、容赦ない修羅
と化すに違いない。なんにせよ勉強になったし、副業のモチベーションも
上がったので参加して良かった。

帰宅し昼ごはんを食べ終えると長女が小学校から帰ってくる。

長女「パパ、お友達がたくさん来るからどっかに行って!」

な・・・なにぃ!?
僕は家計を支える男だぞ・・・こんな扱いをされないといけないのか。

しかし子供が大勢来て、副業どころではない。
車で近所のコメダ珈琲に避難する。

クリームソーダを頼んで英語の勉強を始める。

f:id:danceswithwolves:20170620182541j:plain:w400

しかしあれだな、平日の昼間に中年のおっさんが可愛いグラスで
クリームソーダを飲んでいるなんて、割とキモいのかな。

黙々と勉強をしつつ息抜きにスマホを見ると、無料wifiが入って
いることに気づく。周りを見ると、ノートPCを広げている人もいる。

ていうか、僕の隣の青年はTシャツ・短パン・サンダルで仕事をしている。

こ・・・こいつ・・・さてはプロだな。

平日の昼間からラフな格好でコメダ珈琲で仕事なんて只者ではない。

僕もそのような身分にならなくてはならない・・・と心に誓うのであった。

パンダが話題の上野動物園に行ってきた

今日の東京は午後から雨予報の曇り空で涼しい。
こういう日こそ行楽地が空いているので、朝早くから出かけるのだ。
ということで、車で上野公園へ。上野動物園は久しぶりだ。

f:id:danceswithwolves:20170618194910j:plain:w400

もちろん母パンダと赤ちゃんパンダは産後なので、お父さんパンダしか
見ることができない。
今日、僕が驚いたのは、前まで一頭だっと白クマが二頭に増えていたことだ。
しかし最大の目的だったヤギや羊とのふれあいコーナーはリニューアル中。
長女が幼稚園に通う前はパスポートを買って毎週のように通っていたの
で次女にもヤギや羊を触らせてあげようと思ったが、残念。

雲行きが怪しくなってきたので、昼過ぎに撤収。

帰ると長女がカレーを作ると張り切っている。
Z会の体験課題でカレー作りがあるらしい。

ジャガイモや人参、玉ねぎなど定番野菜に加え、きのこ類、ほうれん草、
ゴボウが刻まれて投入される。

若干心配になる・・・そんなに入れて大丈夫なのか?

気になるお味は・・・

お、美味しい!

ゴボウは溶けてよく見えないが、風味は残っている。
特にほうれん草が良い存在感を放っている。
定番メニューにしても良いくらいだ。

それにしてもZ会も面白い課題を出すなぁ。
どうやら学年が上がった時に始まる、社会と理科につなげるためらしい。

ということで、かなり充実した休日だった。
後は直虎を見てSkype英会話をして寝るだけだ。

夏用ラグマットを買ったのだが断捨離はどうなる

リビング用に夏用のラグマットをAmazonで購入した。
値段はなんと2,500円弱。
レビューでは耐久性が不安視されていたが、
この値段なら最悪、1シーズンで買い換えても良いくらいだ。
どうせ次女(2歳弱)に汚されるので、高いモノは買わない方が良い。
下地が厚いので、次女が跳ねても大丈夫そう。

f:id:danceswithwolves:20170611192230j:plain:w400

しかし僕は整理整頓を今年の目標に掲げているので、モノが増えたら、
その容量分は減らさなければならない。
部屋の棚やクローゼットをひっくり返し、なんとか40リットル分の処分に成功した。

さすがに子供がいるとミニマリストは難しいのだが、できれば身軽でいたい。
家には最低限のものしか置かずに、必要になったらAmazonから調達するのが理想。
ある意味、Amazonは巨大なクローゼットである。
しかしこのライフスタイルはそれなりにお金もかかる気がする。
断捨離を実践していらっしゃる方々のブログを熟読するしかない・・・

子供がピアノを習うことのメリット

子供の習い事と言えば昔からピアノが定番だ。
うちの長女も習いたいというので、嫁のママ友に先生を紹介してもらった。
で、見学に行って気に入ったらしくそのまま入会。家のキーボードで練習を始めた。
(まぁ、続くようなら電子ピアノくらいは買っても良いと思うが、まだ怪しいので
キーボードのままにしておこう・・・)

f:id:danceswithwolves:20170610191449j:plain:w400

ところで僕はピアノが他の習い事と違う点に気づいた。

そう、ピアノは授業のある日以外でも、家で練習しなければならないのだ。

長女はピアノの他に水泳と空手を習っているが、いちいち習い事の日に合わせて
家で練習したり近所のプールに行ったりはしない。
Z会も毎日勉強はするが、何かに照準を合わせているわけではない。

しかしピアノは、教室に行く日のために家で自主練しなければならないのだ。
ある程度自分で弾けるようになって、先生に細かい部分をチェックしてもらう
流れになる。練習していかないと、教室にいる時間は無駄になってしまう。
家で出来ることをわざわざ教室でやるな・・・ということだ。

これは塾や予備校にもあてはまるように思える。
家で参考書を自主的に勉強できる生徒が、わからない箇所の質問や勉強の方向性の
確認、あるいはモチベーションを維持する場として塾や予備校を活用するべきなのだ。
「成績が悪いから」とか「周りが行っているから」という理由で子供を無理やり
塾に入れる親は多いけれど、自分で机に向かえない子供を入れても成績は伸びない。

自分の意思で自分を訓練するという習慣づけにピアノはかなり良いのではと思った。

って、ちょっと待て。
僕は先週からSkype英会話をやっているが、それも同じじゃないのか・・・
事前にある程度表現をインプットしておいて、Skype英会話できちんと意思疎通が
できるか確かめるべきではないのか・・・
偉そうに書いてしまったが、自分で実践できていなければ意味がないではないか・・・
と反省するのであった。。。

ダイエットの宿敵が現れた

僕の家の炊飯器は僕が独身時代に購入した年代物だ。
たいして容量もないのだが、そもそも次女を除いた家族が少食なので、
あまり気にしていなかった。

f:id:danceswithwolves:20170605195457j:plain:w400

ところが、使いこみまくったため、ついに壊れかけてきた。
洗濯機に続き、嫁から「炊飯器を調達せよ」と命令が下った。

で、さっそくAmazonで購入。

f:id:danceswithwolves:20170605195526j:plain:w400

型落ちなので、最高値の半額くらいで買えた。

気になる炊き上がりは・・・

おいしい・・・美味しすぎる!

あまりの美味しさに二杯も食べてしまった。

お米はエネルギー充填には良いが、しかし炭水化物や糖質はダイエットの敵だ。

それに僕は特にお米が好きでもなかった。
なのに二杯とは・・・おそるべし最新技術・・・

しかしなんとかしないと、体重が・・・どうすればいいのだろうか。

努力が報われるという残酷な世界

Skype英会話を利用しているのだが、月々5,000円程度で自宅にいながら
毎日30分弱の英会話が行える。しかもさまざまな英語の教材が無料で利用できる。
留学も斡旋していて、東南アジアの語学施設に1ヶ月留学して10万円前後だ。
ここまで来ると、もはや、「英語ができない=努力ができない人間」とレッテル
を貼られても仕方がない。

僕が今勉強しているデータ分析やプログラミングもそうだ。
昔は大学の理工学部で勉強するしかなかった内容が、海外の大学が無料で
提供しているオンラインコースを履修したり、ネットで調べたり、あるいは様々な
専門書や技術書、論文が瞬時に入手できる。

f:id:danceswithwolves:20170604200222j:plain:w400

もはや社会的成功や経済的成功が達成できないのは、本人の努力が足りないから
と言われても否定できない世の中になった。

故に、子供の貧困や教育機会の不平等などはもっと議論されても良いように思える。

僕は二人の娘どもの大学の学費はすでに貯蓄してあるし、本人たちが望めば習い事も
反対はしない。朝と晩に勉強を見てやってもいる。さすがにこの環境で、彼女らが
貧乏になったらそれはお前らの責任だぞと言い切れる。
また僕も労働者に甘んじており、現時点でリッチになっていないのは100%僕自身の責任だ。
今から思い返せば、いくらでもチャンスはあったのだ。
ひとえに、Gritと勇気が足りなかっただけだ。

一方で、世の中には親に教育の理解がなかったり、ガチで貧困だったりする子供達もいる。
日本が先進国・文明国を名乗る以上、子供の貧困や教育機会の不平等は最優先で取り組
まなければいけない課題だろう。

そもそも、日本は教育を家庭に依存し過ぎているのだ。
学業や躾など教育のノウハウを社会全体で共有し、仮に親に子育ての能力がなければ
社会で育てるくらいの気概が必要だ。