遥かなる旅路

仕事、子育て、ミニマリズムなどなど。

ミニマリストの矛盾

仕事をしているといかに顧客に消費を促すかが重要です。
1つでも多くの、少しでも高いモノやサービスを高頻度で
買ってもらうためにあの手この手でユーザーを誘惑します。
まさにミニマリズムとは対極の事を他人に求めているのは
皮肉ですね。

そして僕自身も企業の消費戦略に晒されている事に気づきます。
例えば子供がいる家庭ならばプリキュア仮面ライダー
何気なく見せているかもしれません。
あの番組はなぜ無料で見る事が出来るのでしょうか?
家を見渡すと、プリキュアのおもちゃだけでなく、ふりかけや
マグカップまであります。
まんまと企業の戦略に乗ってしまったわけです笑

サザエさんのオープニングでサザエさんが様々な観光地を
訪れていますが、あれはとてもスマートな観光地の広告ですね。
言われなければ気づきません。

ファション雑誌や生活雑誌はより露骨に消費意欲やアイテムを
持っていない事の危機感を煽ります。
お金を出して雑誌を買って、さらに消費を促されるなんて
冷静に考えるとすごい話です。

モノがないと不安になる?
モノがないと不安になる?

仕事ではいかに他人にお金と時間を浪費させるかを考えなければ
いけませんが、自分自身は一歩引いて消費行動を見つめる必要が
あると痛感します。

ミニマリストなら日々の食事を大切にしよう

以前は同僚に誘われた飲み会は割と行っていたのですが、
今日は断ってしまいました。

同僚との飲みは愚痴や噂話が中心で建設的ではないというのも
あるのですが、そんな事に時間とお金を使うのもなぁと。

だったらさっさと帰って子供の勉強を見たり、嫁と洋ドラでも
観る方が楽しいかな。
どうせお金を使うなら週末に家族と外食した方が楽しいし。

1ヶ月以上お酒を飲んでいないので、ここで飲んじゃうのも
もったいなく感じます。

日々の食事も大切に。
日々の食事も大切に。

一回一回の食を大切にしたいですし、どうせなら家族や
親しい友人たちと会話を弾ませたいですね。

一日だけ怒るのを止めてみた

今日、仕事から帰ったら小学生の長女がEテレ
変な番組をみてソファーに寝っ転がっているんですよ。
友達の家に遊びに行っていたので宿題はしていないとかで、
ウダウダしながら漢字の書き取りを始めました。

「なんでこんなに量が多いの?」

イライラしながら宿題をしています。

僕は横で辞書を引きながら例文を探してあげます。
なんて優しい父親なのでしょうか。

そんな僕に対して、長女はイライラをぶつけてきます。

「眠い!」

「明日、朝早いんだよ!」

「宿題が多過ぎだ!」

あまりな態度に僕は内心、嫌気がさしていましたが、
「そうだねー」「大変だよねー」
などと相槌を打って最後まで付き合いました。

いちいち反応するのは止めよう。
いちいち反応するのは止めよう。

もう子供の態度にイチイチ反応するのは止めよう。
その方が精神衛生上良いです。

一度は欲望に浸るのもミニマリストの良い経験

ミニマリズムに共感して断捨離を進めていますが、
「こんなのよく買ったなぁ」と感慨深くなるものが出てきます。

僕は超就職氷河期の2000年代前半に社会人になったのですが、
数年後からリーマンショックにかけて日本はバブル景気でした。
お給料がガンガン上がったり、ボーナスがドーンと出たりで、
物欲が刺激されるんですよ。

都心のど真ん中のマンションに住んで伊勢丹メンズ館で買い物したり、
話題のレストランがあれば友達と行ってみたり、
思いつきで旅行に行ったり。
車を2台持ちしている友人もいましたね。
皆、このまま、お給料は上がり続けると思っていました。
80年代のバブル世代を笑えないですね。
数年後、リーマンショックでバブルが弾けてボーナスは雀の涙(笑

バブルは突然弾けます。
バブルは突然弾けます。

当時を思い返すと滑稽に映りますが、自分にとって何が人生で
重要で何が無駄か体感できたので良かったと思います。
30代や40代でブランド物や豪奢なモノに憧れていたら、
ただの痛いおっさんですからね。

『東京女子図鑑』というドラマがありましたが、水川あさみ演じる主人公が
どんどんステータスを上げ、都度付き合う男を変えていくという物語。
その姿勢に批判もありますが、僕は若者特有の向上心だと受け取りました。
一種の通過儀礼ですから、若いうちに済ませちゃった方が良い。

ミニマリズムに目覚めたのも、そういった経験があったからだと思います。

ミニマリストなら本はKindleで読もう

僕にとって断捨離の最大の難関は本です。
今週もダンボール3箱分を手放しますが、まだまだ足りません。
特に手放し難いのは専門書や学術書
いつも読むわけではありませんが、必要な時に手元にないと不安です。
って、まさにミニマリストアンチパターンですね。

電子化されKindleで売っていれば基本的に紙の本は買わないのですが、
専門書や学術書は書き込みや検索のしやすさから紙の本を選んでいました。

その結果が処分に迷う大量の本ですよ。
これなら最初からKindle版で買っておけば良かった・・・
読みやすさもただの慣れですからね。

Amazonの回し者ではありません。
Amazonの回し者ではありません。

また翻訳本だと電子化されていないものも多いのですが、原書だとKindle版が
あったりするので洋書検索すると出てきます。
辞書機能があるので楽に読めます。

うん、やはりもったいないと思っていましたが手放そう。
必要になったら今度こそ電子版で買い直せば良いですし。

子供にママデーを作った

子供が3人もいると、一人一人に向き合う時間がどうしても
少なくなったり知らず識らずうちに偏ったりしてしまいます。

そこで、月に1回は各子供に「ママデー」を設けて、母親と
二人だけで出かけられるようにしました。
なぜパパデーではないのかというと、需要がないからですね(泣

今日は次女が嫁と近所のコンサートホールに幼児向けの演奏を
聴きに行っていました。
普段は0歳の長男が必ず付属されてしまうので、母親と二人きりで
出かけると次女もご満悦の様子です。

今日はママデー
今日はママデー

僕は長男を抱えて近所を散歩したり、部屋であやしたりしていたのですが
ふと長女を見るとソファで寝転んでアイスを食べながらAmazonPrimeで
アニメを観ています。

僕が育児をしながら皿洗いや洗濯物をたたんだり掃除機をかけているのに、
こいつは頭がおかしいのでしょうか?

午前中に宿題をやるように言ったら済ませたと。
だったらピアノの練習やZ会、読書をするとか他にあるだろうに・・・

せっかくの子供時代をテレビやゲームとかもったいないですよね。
とはいえ、僕も小学校の頃といえばテレビをみたりファミコンをして
ダラダラしていたのであまり強くは言えません。

もうテレビを捨てたいのですが、僕と嫁も映画や洋ドラを見るので
そこまで思いきれず。

まぁ長女も平日は習い事だったり、宿題や勉強もきっちりやっているので
今日くらいは多少ダラダラしてもいいか・・・

ミニマリズムを思考の基準にすると日々の選択が楽になる

気分はミニマリストということで、財布も本革の長財布から
土屋鞄のコインケースに変えました。
カードが数枚、お札も少しは入ります。
基本的にカード決済しかしないので、これで十分でした。
同じく土屋鞄の小さなショルダーバッグで外出しましたが、
軽くてくせになりそうです。

ところでこのブログを始めたのは、怠惰で自堕落な生活から抜け出すため。
勉強を習慣にしたり、食生活を見直し定期的に筋トレやウォーキングを
する事でダイエットもできました。

勤めている会社に収入を依存している状態にも危機感を感じ、開業届を
出して副業的にITアドバイザーも行うようになりました。

お陰で経済的にも健康的にも生活改善ができたのですが、
場当たり的に行ったので一貫性がありませんでした。
油断すると体重が増えますし、部屋を片付けてもすぐにモノで溢れて
しまいます。

先日からミニマリズムに共感し、生き方の指針にすることで日々の選択で
悩まされる事がなくなり継続的に生活改善ができそうです。

以前、早朝勉強をするといいながら、起きてから勉強するまでが長く、
あまり身が入りませんでした。
今朝は6時に起きてすぐに勉強を開始。家族が起きてくるまで集中して
英語の勉強ができました。

早朝勉強は静かで集中できる。
早朝勉強は静かで集中できる。

またいつも会社近くのコンビニでおやつを買うのですが、ミニマリスト的に
間食はNGだなと思い、今日は買いませんでした。
耐えられるのかと心配でしたが、お菓子が無い方が仕事に集中できますね笑

日々選択の連続ですが、ミニマリズムを基準にして、思考がすごく楽になりました。