星の鼓動は愛

平凡サラリーマンが副業にコミットしてイケてるオッサンになるためのブログ

50代の格差

先日、個人事業の取引先の社長さんと飲みにいったのだが、人生楽しそうだった。
付き合いのある経営者は50代が多いが、たしかにどの人も活動的だ。
皆、すでに資産形成ができているし、会社も安定状態、子供達も独立しているので
働いた後は好き勝手に生きている。すごく羨ましいぞ。
僕もこういう50代を目指さなくては。

そのためには紆余曲折はあるにせよ、充実した40代を過ごす必要がある。
さらに40歳までに残り3年間は超重要だ。

うちの会社の40代、50代のオッサンどもの関心ごとは、いかに会長(80歳過ぎ)に
気に入られるかだ。口を開けば会長と会話したとか、会長の車に乗せてもらったとか、
中高年のオッサンたちが誕生日プレゼントをもらった子供のように目を輝かせて
自慢しあっているのだ。彼らのクビは会長に気に入られるか否かにかかっている。
もし嫌われたら最後、リストラ予備軍に回され、さよならだ。
ただし、このとにかく気持ち悪いオッサンどもも世間的には高学歴で高収入の部類だろう。
今でこそ僕の勤める業界は「カスしか志望しない」と言われているが、彼らが就職した時は、
超人気の高倍率だったと思う。しかしそんな高スペックの成れの果てが、彼らの今の姿なのだ。
たまに頭の弱い学生なんかが、終身雇用を守ってくれる企業を志望するなどと言っているが、
心の底から馬鹿だと思う。一方で東大や慶應といった一般的に賢いと思われている大学の学生は
会社に頼らないキャリアパスを描いているという。すでに20代から格差は始まっているのだ。

f:id:danceswithwolves:20170816204748j:plain:w400

もちろん僕も、キモいオッサンどもの轍を踏むつもりはない。
僕の今後三年間の最大目標は収入源のさらなる分散だ。
現状、会社員給与、システム開発個人請負が僕の世帯所得だが、
他にもう二つくらい収入源が欲しい。一つは少額でもいいから、寝ている間にも
売上が発生するチャリンチャリンビジネスが望ましい。
もう一つは自分が一生をかけて取り組む仕事がしたいが、まだ何も思いつかない。
ビジネスを持ちかけられることもあるが、どれもいまいちピンとこないのでお断りした。

今年もあと4ヶ月と少しだが、将来の芽を一つでも育てておきたい。

ナンパは恥だが役に立つ

当然のように定時で退社した僕はターミナル駅で電車を乗り換えようとした。
するといままで見たこともないような超絶美人かつ巨乳の外国人のお姉さんが
どの電車に乗っていいのか迷っているようだった。
しかも、変な酔っ払いのオヤジが絡んでいる。

オヤジよ、お前、英語わかんないだろ。

僕はオヤジを押しのけてお姉さんに話しかける。
オヤジが
「俺が教えてるんだから邪魔するな」
と叫んでいるが、僕の目には美しいお姉さんしか目に入らない。
もはや僕の目には汚いものは映らなくなったようだ。
僕はDMM英会話で鍛えた(笑)英語で、お姉さんが乗るべき電車とプラットフォーム
を教えた。さすがにこんな美人に連絡先を聞く勇気はないので、その場を後にした。

f:id:danceswithwolves:20170815212559j:plain:w400

ところで、昨年、このブログのネタとしてストリートナンパをしてみたのだが、
それ以来、人に話しかけるのに躊躇しなくなった。
もちろん以前も妊婦さんやお年寄りがいたら席を譲るし、ベビーカーを抱えて
困っているお母さんがいれば手伝っていたが、「これ、声かけて良いんだよな?」
という一瞬の迷いがあった。しかし今は考える以前に体が動き、どんな状況でも
0.2秒で行動に移せるようになった。

ナンパ業界では"地蔵"という言葉があり、これは声をかけたくてもびびって体が
動かない状態のことを言うらしい。
僕も最初にナンパしようとした時は、びびって体が動かなかった。
この地蔵がなくなった時に、「あぁ、もうナンパはしなくていいや」と思った。

ナンパ卒業である。

ナンパというとネガティブなイメージを抱く人が多いかもしれないが、このように
人助けになることもあるので、僕は全ての男性(婚活中の女性にも)にナンパを
薦めるのだ。

会社が苦痛になってきたが解決策が思いつかない

僕はサラリーマンをしつつ個人事業もしているのだけれど、最近、
個人事業で出会う人たちや仕事に比べて、会社で過ごす時間や環境が
すごく空虚で意味のないものに感じられるようになってしまった。

デブで小汚いおっさんたち、アプリゲームみたいな最底辺の遊びに必死に
なる連中。もちろん社内格差があり、給料が高い人々はそれなりに勤勉だが
彼らは出世競争に生き残ることだけが人生の目標なので会話する価値すらない。
同じ社内に尊敬できたり刺激になる人間がいないというのはここまで苦痛とは
・・・しかしそんな連中と同じ環境にいる以上、残念ながら僕自身もその程度の
人間ということだ。

f:id:danceswithwolves:20170813205627j:plain:w400

などと言っても、いきなり個人事業で独り立ちすると別のストレスが
発生するだろう。あくまでサラリーマンとして最低限の生活費が得られる
状態であるからこそ、個人事業でもクライアントや仕事と誠実に向き合える。
衣食足りて礼節を知るというやつだ。
また小さい話だが、個人事業の売上を加えると、上司どころかショボい役員
の年収も超えしまう。この状態だと、一般的な上司がウザいとか会社に評価
されなかったらどうしようなどという次元のストレスは一切感じない。
界王拳を習得しているのに、レッドリボン軍と戦っている気分だ。
不満の原因は要するに、僕のモチベーションになるような人間が職場に一切
いないことなのだ。

では転職・・・?
と思ってエージェントに求人案件を紹介してもらっても、いまいちピンとこない。
今勤めている会社は所定労働時間7時間で残業もほとんどなく、休日も多い。
裁量労働制なので役所や病院立ち寄りなどで遅刻、中抜け、早退しても何も言われない。
たしかに転職すれば給料は上がるかもしれないが、時給換算だとどうだろうか。
仮に年収1,000万円が提示されたとしても、残業が月40時間とか発生するなら
転職するメリットがない。年給与700~800万円くらいのヌルい環境で生活費を稼ぎ、
空いた時間を利用して個人事業でやりたいことを目指す方が良いからだ。
それに転職したらしたで、同じ問題で悩まされたり、また新たな不満やストレスが
発生する可能性もある。結局、自分自身や付き合う人を変えるしか改善策はないだろう。

まさに今後の課題である。

子供に習い事をさせるメリット

今日は山の日という謎の祝日で休みだ。
長女のピアノ教室があるというので、今日は僕が連れて行くことにした。
個人宅でやっていて僕の家からも近い。

まだ習い始めて数ヶ月だが、思っていたより弾けるのでびっくりした。
毎日、嫁と練習しているらしい。
ただ家はキーボードしかないので、本物のピアノと指の力の入れ方が
違うため、微妙な力加減が苦手のようだ。
う〜ん、続くようなら電子ピアノを買ってもいいかなぁ。
そのうち次女も習うだろうし。

以前も書いたが、ピアノは他の習い事と違って家で毎日練習しないといけない。

danceswithwolves.hatenablog.com

また先生と一対一の関係を築くというのも他の習い事と違う。
まさに師弟といった形だ。

f:id:danceswithwolves:20170811172240j:plain:w400

習い事が良いのは、親や学校の先生以外の大人と接する機会ができるところだ。
例えば規律や忍耐といった家庭だけだと教えにくいことを、習い事を通して
学ぶことができる。
また家と学校だけだとどうしても世界が狭くなるし、何か嫌なことがあっても、
別のコミュニティがあればそちらに重きをおけばストレスが軽減できる。

特に幼いうちは苦手意識がないので、純粋にお稽古を楽しめる。
これが水泳が苦手な子供に、親が強制的に水泳教室に通わせたらむしろ
マイナス効果になる可能性すらある。大事なのは適切なタイミングで
好奇心を刺激し、それを満たす手段として習い事に自主的に通わせるような
環境を整えることだと思う。

蕎麦屋でカツ丼は邪道か?

昨日、嫁と娘どもを実家に送った僕は「泊まっていけば?」との誘いも 断って一人帰宅。
ドラクエタイムを送っていた。
そして今日、目覚めると当然のようにブレックファストもランチもないことに気づく。
冷蔵庫には食材があるが、あいにく僕は料理ができない。このままでは飢えてしまう。

f:id:danceswithwolves:20170806182430j:plain:w400

僕は車を走らせ、近所の懐石兼蕎麦屋に入った。
蕎麦やコース料理的なものもあるが、しかし僕は何を食べるのか決まっていた。
カツ丼だ。蕎麦屋でカツ丼。家族からはありえないだとか、意味がわからないといつも
散々言われるので、ここぞとばかりに注文するのだ。

そして僕の席に朝からカツ丼が運ばれてきた。
お味は・・・

お、おいしい。

特に丼全体にかかっている卵が良い感じだ。
お味噌汁とお新香も上品な味だ。

入って30分と経っていないが、お店が徐々に混んでくる。
中高年夫婦や家族連れが多いが、皆、近所の暮らし向きが良さそうな印象だ。
このお店、天ぷら蕎麦で二千円くらいするから、家族で来たら樋口一葉どころか
福澤先生が飛んでいく。
というか、そんな中で一人カツ丼を食している僕は明らかに浮いている。
しかも短パン、サンダルってちょっと怪しくないか。。。

僕は食べ終わるとそそくさと蕎麦屋を後にした。

全国のお父さんはもっと評価されるべき

東京は朝から雨だ。
近隣の屋内施設は行き尽くした感があったが、少し車を走らせた所に
多摩六都科学博物館というものがあることを知った。

さっそく朝イチで行ってみると、結構混んでいて、入るまでに30分くらいかかった。
世界第4位の広さを持つプラネタリウムがあり(表示できる星の数は世界一らしい)、
親は寝ていれば良いのでわりと楽だ。
展示室も上野の科博と比べてこじんまりしているので、館内の移動で疲れることはない。

f:id:danceswithwolves:20170730205536j:plain:w400

それにしても全国のお父さんは本当に偉い。
平日は仕事で疲れて、休日は休みたいだろうが、家族を連れて行楽地に行くなんて。
僕も本音はドラゴンクエストをしたかったが、さすがにそれはいかがなものかと思うので、
こうして休日になるとどこかへ連れて行っている。

おそらく大半の人が自分が親になって子供の面倒を見るなんて、想像もできなかった
だろうが、いざ父親になるとできてしまうところが面白い。

嫁のXperiaも格安SIMにした

先週、僕は20年近く付き合ったdocomoと別れて、iPhone格安SIMにした。

danceswithwolves.hatenablog.com

そして一週間使って不便がないので、嫁のXperiaにも格安SIMをぶっ刺すことにした。

しかし今回はdocomoに粘られた。解約手数料がかかるとか、解約するとポイントが
なくなるとか、なかなかMNP予約番号を渡してこようとしない。
ふざけるな、その解約手数料という殿様商売が気に食わんのじゃ! 違約金を払ったところで、
2ヵ月で元がとれるわ! これで夫婦合わせて月々1万円の固定費削減じゃ。
今日日、給料は上がらんし、サラリーマンへの課税は熾烈を極める。
会社勤めで年12万円を手取りで得ようとすれば20万円近く稼がなければならん。
それが、大手キャリアと縁を切るだけで達成できるのだ。

f:id:danceswithwolves:20170729190913j:plain:w400

家に戻って、Amazonから届いたprimeセールで買ったfireTVstickをテレビにぶっ刺す。
いままで禁断の果実として避けてきたネット動画だが、ついに導入してしまった。
テレビ漬けにならないように気をつけねば・・・

そして一緒に届いたドラゴンクエスト11をちょっとやる。
夏休みはドラクエamazonビデオ漬けにならないように気をつけねば・・・