ミニマリストの遥かなる旅路

仕事、子育て、ミニマリズムなどなど。

七五三で神社に行きました

次女の七五三で近所の神社に行ってきました。
なぜか長女もいて「あれ、学校は?」と思ったら
休んだと笑

10月と11月は七五三シーズンらしく、他にも
小さいお子さん連れがいました。

長女の時は明治神宮に行ったので、外国人観光客
から写真をとられまくりましたが、今日行った
神社はお年寄りの参拝客が多く、落ち着いた感じ。

老舗の蕎麦屋やお団子屋が並んでいるのですが、
着物にこぼすと困るので、昼食はすこし我慢。

適度に撮影をしていたら次女が「暑い!」と
ぐずりだしたので撤収。
雨予報でしたが、無事に晴れていました。

無事に晴れて七五三日和でした。
無事に晴れて七五三日和でした。

独身の頃は年中行事などあまり興味がなかったの
ですが、子供ができてからはハレの日はなるべく
参加するようにしています。

日本の伝統文化に触れるのも楽しいですね。

出版業界の未来

勤め先の健康保険でインフルエンザの予防接種を
無料で受けられるので、お茶の水の出版健保ビル
まで行ってきました。

注射が終わり、腕を押さえながら休憩所で数分
待っている時に、周りを見回しました。

ここにいる人って、みんな、出版社で働いて
いるんだよなとふと思いました。

ご存知の通り、出版業界は不況真っ最中。
特に雑誌に頼っていた出版社がきつい。

人気漫画などキラーコンテンツがある
出版社は電子書籍ブームになんとか乗って
いますが、このバブルもいつまでもつか・・・

各出版社は本業の他に不動産、通販、映画や
アニメ、ゲームなど他業種に広げて頑張って
いる状態です。

僕の勤め先もIRを見るともはや何の会社か
わかりません笑

しかし考えようによっては、IPも持っていますし、
それを活かして商社のような存在になれば
出版社は案外強いかもしれません。

時代が変わっても活字文化は大切です。
時代が変わっても活字文化は大切です。

帰りはお茶の水を散歩。
中学生の頃は毎日のようにお茶の水や神保町に
来ていました。
楽器屋、本屋など当時と変わらないところも
あります。

本屋を散策したあと、夜になると現れる屋台で
今川焼きや広島焼きを買って、某病院のビルの
横で同級生とずっと喋っていました。

その場所もまだあって、感慨深い。

事業形態は変わるかもしれませんが、本や
雑誌の文化は廃れて欲しくないですね。

渋滞も旅の思い出に。

山梨に遊びに行った帰りの中央道で、
とんでもない渋滞にハマりました。

談合坂手前から八王子jct付近まで、
20kmもないと思いますが、3時間近く
かかりました。
この規模の渋滞は僕の車人生史上初。

幼稚園児の次女は退屈のあまり発狂。
嫁は車内でも長男(1歳)の面倒をみない
といけないので、放って置かれる次女は
たしかにかわいそう。

次からタブレットAmazonプライム
アニメなどダウンロードして、次女には
見せようかなと思います。

小学生の長女が落ち着いていたのは意外。

「楽しかったから渋滞なんか気にしない」

などと親泣かせのセリフまで笑

灯火の数だけ人生があります。
灯火の数だけ人生があります。

僕自身は誰かと話していれば、渋滞も
あまり気にならないタイプ。

あと、周りの景色をみたり。
渓谷の中に広がる車のテールライトが綺麗
でしたね。
みんな渋滞をどんな風に過ごしているのか
想像したり。
渓谷の中に建物らしき灯りも見えるのですが、
あんなところに人が住んでいるのかとか
想像すると楽しい。

あと、前方に高そうなポルシェもいましたが、
高級車でも渋滞は避けられないんだなとか笑

渋滞は散々でしたが、旅の思い出にはなりますね。

放置プレイの心地よさ

都内のコンビニで働くアルバイト店員は
ほとんどが外国人です。
同僚同士で喋りながらレジを打ったり、
おしぼりやスプーン、割り箸が人によって
くれたりくれなかったりと、適当です。

ですが、最近はこのくらいの適当さが
心地よく感じます。
おしぼりが欲しければ自分で取りますし。

郊外の西友なんかだと、レジも無人
ルフレジがあります。
ウォルマート傘下だけあって、棚も
大量購入用の段ボールが積まれていたり
超合理的。

勝手に選んで、勝手に支払いをして
さっさと車に詰め込んで撤収したい僕の
ようなせっかちな人間にはたまりません。

ちょっと値段の張る生鮮食品や変わった
食品が欲しければ、伊勢丹クイーンズや
成城石井に行けば良いですし、状況に
よって使い分ければ良いだけ。

無人化スーパーも憧れます。
無人化スーパーも憧れます。

日本の小売業もお客様は神様扱いせずに、
段々とシンプルな機能になっていって
欲しいですね。

40代でも20代の体型を維持!

40代の目標の一つに20代の体型をキープする
ことがあります。

30代の中盤、僕も中年太りをしていた時期が
ありました。若い頃の服は着れなくなって
しまい、泣けてきました。

ダイエットを決意しましたが、食事制限をしたり
ジム通いは性格的に続かないと思いました。

そこで、1日3食のうちランチは簡素なものに
して、朝と夜はガッツリ食べても良いことに
しました。
それまではお昼も外食をしていたのですが、
おにぎりを持って行くのみ。
間食も完全に無くすのは無謀なので、量を
半分くらいにしました。

そしてジムの代わりにウォーキング。
毎日、一駅分歩くことにしました。
後は自宅で軽い筋トレとストレッチ。

2~3ヵ月もすると痩せてきて、無事に20代の
頃のサイズの洋服が着られるようになりました。

ちなみに同僚の女子2人組(といってもデブではなく
小デブくらいですが)と一緒にダイエットを開始
したのですが、その二人はお昼を野菜スティック
にしていました。が、案の定リタイア。

ダイエットに失敗する人はやることが極端です。
いままで草野球でのんびりキャッチボールしていた
人が、高校球児の練習に加わるようなもの。
無謀過ぎます。
大事なのは目先の体重減ではなく、生活習慣
の改善です。

40代は健康管理も大切です。
40代は健康管理も大切です。

最近は在宅ワークが増えたので、デブにならない
ようにマメに近所を歩いたりジョギングしています。

40代も体型を保っていきたいです。

風邪にご注意

通勤電車に乗ったら咳き込む人が多く、嫌な予感。
会社に着いてもオフィスの空気が乾燥していて、
自前の加湿器を使いましたが役に立っているのか
わかりません。。。

案の定、風邪をひいてしまい、昨日は21時に就寝。
今朝起きたら回復はしていましたが、季節の
変わり目は体調に気をつけないといけませんね。

温かい飲み物を。
温かい飲み物を。

昔は寒さに強かったのですが、歳をとったせいか
暑さより寒さに弱くなりました笑

軽減税率にイラっときたら日経新聞を解約

社会保険料率がしれっと30%になりました。
サラリーマンは天引き徴税ができるので、
狙い撃ちです。
こんなことなら、平等に徴税できる消費税を
さっさと20%以上に上げてしまえと思います。

その消費税も軽減税率で、特に食品を提供
している小売業は大変ですね。

食品に混ざって、新聞もちゃっかり軽減税率
の対象です。

僕は社会にあまり関心を持たないようにして
いるのですが、さすがにイラっときました。

どちらもきちんと消費税をとってください。
どちらもきちんと消費税をとってください。

社会の不平等や非合理性を批判しないといけない
大手マスコミがちゃっかり既得権益を得ている
なんて、恥ずべきことです。

で、長年購読していた日経新聞を解約。

新聞購読費は個人事業の経費にしているので、
金銭的には微々たるもの。
それでも新聞社の姿勢はひどいなと。

ところでその他に購読している読売KODOMO新聞
とJapanTimesAlphaは週一の発行なので、
どちらも軽減税率対象外。
さすがに子供が読んでいると解約しづらいので、
こちらは定期購読を続けます笑