ミニマリスト日記

仕事、子育て、ミニマリズムなどなど。

ミニマリストと税金は相性が悪い

確定申告シーズンにまとめて記帳すると焦るので、月末に出納帳だけでも更新しています。

確定申告するたびに思うのですが、日本は法人税や事業税が高すぎます。 法人や個人事業主は売上の半分が税金でとられます。

それだとやってられないので、経費という形で税金にかかる利益を減らします。 いわゆる節税とか税金対策と言われるものです。

僕は青色申告なので売上60万円分が税金控除を受けられます。 ですがせっせと個人事業に勤しむと、売上が60万円で済むわけがありません。 そこで地代や光熱費、通信費の一部を経費として計上します。 本や新聞も経費にできます。 事業で使うパソコンやスマホももちろん経費にできます。 また家族用と明確に分けられるなら車両費や車の維持費も経費にできます。 とはいえ僕のような個人事業主の場合、毎年の売上が一定ではないので、減価償却に時間のかかる新車などの 大物を定期的に買うのはリスクがありますが(僕が最近は中古車を乗り回すのは償却期間が短いからです)。

しかしこれだけやっても限界があります。

そこで致し方なく、仕事で使う(ここが大事)机や椅子、モニタ、一括償却できるマシンなどを細々と買い替える 方法に至るのですが、ここでモノを積極的に減らしたい自称ミニマリストの僕にやっかいな問題が発生します。

いや、モノが増えるじゃん・・・

最近も仕事部屋に巨大なモニタを買ったのですが、全然ミニマリストじゃない。 経費にするためにMac miniを20台くらい買った友人がいますが、部屋がMac miniだらけになってました(笑

最近は僕も倹約家アピールをしているのですが、これも税金対策にはマイナス効果。 大手キャリアに毎月1万円も払うのがアホらしいので格安SIMにしたり、日経新聞のレベルの低さに呆れて購読を解約したり しましたが、実は経費にするからあまり関係ないという・・・

お金の管理も大切です。
お金の管理も大切です。

僕はそこまで節税にこだわっているわけではないのですが、あまり極端な額の利益を出すと厚生年金や保険料が上がるので勤め先に怪しまれます。

「なんでこいつ、役員より税金多く支払っているんだ」と(笑

不動産収入、株式や為替の売買益など言い訳はありますが毎年やると怪しいです。

まぁ、僕の事情は置くとしても、日本の大半の企業が法人税を払っていない原因が税金の高さにあります。 中小零細企業など節税を頑張るあまり現金をストックできなくなるので、今回のコロナ禍のような事態になると 資金が足りなくなり倒産が相次ぎます。

政治家たちが日本を金融センターにすると言っていますが、こんな法人税が高い国に海外の企業が集まるわけがありません。

菅政権では思い切って法人税を下げてほしいものです。