ミニマリスト日記

仕事、子育て、ミニマリズムなどなど。

日本は生ぬるい地獄

久しぶりに映画『ハゲタカ』を観ました。
リーマンショック前の日本を舞台にした
企業買収ドラマです。

僕が社会に出た2000年代は派遣切りや
格差社会など就職氷河期の爪痕も
ありましたが、世間は概ね好景気。

danceswithwolves.hatenablog.com

昇給と賞与でバブっていた僕も

「日本は構造改革で長い不景気を脱し、
経済成長をするかもしれない」

と思っていました。

本当に世間知らずでしたね。

あれから10年。多くの国がグローバル化の波に
乗り経済成長を続けています。
しかし改革とグローバル化を拒んだ日本だけが
時代に取り残されました。

映画『ハゲタカ』の主人公たちが描いた日本の
未来はとうとうきませんでした。

ITで負け、金融立国にもなれず、頼みの「ものづくり」
新興国に遅れをとるようになりました。

残念ながら当たっていたのは、主人公のライバルとして
登場する中華系ファンドマネージャーの台詞。

「地獄だよ、日本は。生ぬるい地獄」

少子高齢化の影響が莫大な社会保障費として
顕在化し始め、もはや生ぬるい時代は終わります。

膨らんでいる時は弾けるなんて思いません。
膨らんでいる時は弾けるなんて思いません。

しかし社会が衰退しても、個人が幸福に生きることが
できれば何も問題ありません。
まだギリギリ生ぬるいうちに、準備をする事が大切です。

映画「ハゲタカ」はお金やキャリアを考える時に
とても示唆に富む作品です。