ミニマリスト日記

仕事、子育て、ミニマリズムなどなど。

子供に感染症ワクチンを接種させない母親

NHKで朝のニュースを見ていたら、
子供に感染症のワクチンを接種させない
お母さんが特集されていました。

その母親は近所の変な奥さんにそそのかされ、
ネットの怪情報を鵜呑みにして子供に
日本脳炎や麻疹、風疹などの一般的なワクチンの
接種をさせませんでした。
子供が感染症にかかってからワクチンの
重要性に気づいたそうです。

このお母さんがアホだとは簡単に言えません。
なぜなら日本は科学的根拠もないのに、
子宮頸癌ワクチンの接種を中止しているからです。
副作用との因果関係も不明な状況にも関わらず、
メディアが危険と馬鹿騒ぎし、びびった政治家と
厚労相が予防接種を取りやめてしまいました。

その結果、日本は子宮頸癌が増え続け、他国に

子宮頸癌ワクチンはやはり有効だ」

というエビデンスを提供している状態です。

人の命を食い物にするメディアも狂っていますが、
鵜呑みにする人々もどうかと思います。
感染症や合併症にかかるリスクと、副作用の
リスクを比べたのでしょうか?

研究者たちや役人の努力より、情報商材屋や
頭のおかしな活動家を信用するのでしょうか?

僕は前述のお母さんが特殊なケースだとは
思えません。

できる範囲で命を守りましょう。
できる範囲で命を守りましょう。

社会は簡単には変えられないですが、少なくとも
自分と周りの人たちの命はできる範囲で守る
必要があります。