ミニマリストの遥かなる旅路

仕事、子育て、ミニマリズムなどなど。

共働きはよく考えてから選択してほしい

同僚の女子が妊娠したので、出産や育児について
質問攻めにあいました。

保育園に入れるか、仕事と両立できるのか、
今から心配していましたが、ふと疑問が。

専業主婦の選択肢はないの?

確かに、今では多くの企業が妊婦や育児中の社員に
対して手厚いサポートをしています。
キャリアを継続させたい女性が多いことも事実です。
働くお母さんを見て子供の独立心も伸びると思います。

ですが、現実として、仕事と育児の両立は心身とも
に疲れます。
どちらもしっかりこなすスーパーウーマンも
存在しますが、なかなかできることではありません。

子育ても立派な仕事です。
子育ても立派な仕事です。

子供が小さいうちは保育園に預けても、少しでも
体調を崩せば呼び出されます。
小学校に上がっても、家庭学習が必要ですから
学童や学習塾に入れて終わりとはいきません。

キャリアももちろん大切ですが、子供と過ごす
時間はきちんと両天秤にかけるべきでしょう。

共働きが当たり前の社会になりつつありますが、
流されずに立ち止まって考えほしいです。