ミニマリストの遥かなる旅路

仕事、子育て、ミニマリズムなどなど。

『ドラゴンクエスト5 天空の花嫁』のコンサートに行く

月の初めに、ドラゴンクエストコンサートに行ってきた。
ドラクエ5は僕が中学1年の頃にSFCで発売されたタイトルだ。
当時は「主人公が勇者じゃない」、「主人公が結婚する」、「主人公に子供が生まれる」
などなど、中学生にとって過激なストーリー展開に驚かされた。

ドラクエ5は勇者の伝説ではなく、一人の人間の物語なのだ。

ドラゴンクエスト5〜天空の花嫁コンサート
花嫁を選べるところも特徴だ

当時はただのアホな中学生だった僕も、今では3児の父で来年は40歳だ。
最近はどうしても子供中心の考えになってしまっていたが、
やはり最も大切なことは自分の人生をどう歩むかだ。
子供の人生は僕のものでもないのと同様に、僕の人生は子供のものではない。

コンサートでオーケストラが奏でる楽曲を聞いているうちに、
これまでの歳月とこれからの人生を考える良い機会になった。

ところで何気にオーケストラの演奏を聴いたのは久しぶりなので、
新日本フィルハーモニー交響楽団による演奏は迫力があった。
オープニング曲が流れるだけで全身が震える感覚だ。

アンコールで『この道わが旅』と『そして伝説へ...』も演奏され、
あまりの感動に毎年聴きたいくらいだ。

10月に観た舞台もそうだが、マメに生の舞台や演奏に行くのも良いと思った。

danceswithwolves.hatenablog.com