星の鼓動は愛

平凡サラリーマンがリッチでモテモテのイケてるオッサンになるためのブログ

土屋鞄のビジネスバッグを買った

僕の勤める会社は服装自由だ。
さすがに持ち株会社の役員クラスは高そうなスーツに身を包んでいるが、
事業側の人間の大半は不審者で職質を食らってもおかしくない格好をしている。

僕も以前はゴミみたいな格好で通勤していたが、最近はオフィスカジュアル的な
格好で世間に「ちゃんと働いてますよ」アピールをしている。

ところが、ビジネス的なジャケットやコートに合う鞄を持っていなかった。
そもそも荷物が少ないので、手ブラかセカンドバッグで出勤していたのだが、
正しいサラリーマンを演出するのに、それもどうか。
TUMIは持っているが、ノートPCを持ち歩くわけではないので大袈裟かなぁと。

こうなったらサラリーマン的な鞄を購入するしかない!

最初は伊勢丹新宿のメンズ館に行ったのだが、どれもいまいち購買意欲が湧かない。

そうだ、鞄と行ったら土屋鞄だ。
ランドセルで有名だが、ビジネスパーソン用のバッグも充実している。

東京駅の新丸ビルにショップが入っているので見に行った。
さすがにいきなりオンラインで購入する勇気はない。

う・・・美しい・・・
コンサバかつ上品だ。
かといって野暮ったくない。

帰って速攻で注文。

f:id:danceswithwolves:20171126183840p:plain:w400

おお、かっこいい!
しかも防水加工レザーなので、手入れに神経質になる必要もない。
通勤電車に乗るサラリーマンにはもってこいの機能性だ。

実はこっちと迷った。

www.tsuchiya-kaban.jp

しかし、これだとあまりにも上品過ぎて、僕が鞄に運ばれているように見えてしまう(苦笑
40代で分相応になったら買おう。

これで財布、セカンドバッグに続き通勤鞄も土屋鞄になってしまった。
品質と機能美、デザイン性、どれをとっても一級品だ。

新しいビジネスバッグを買ったので、新卒の頃に買ったポールスミス(笑)の
ビジネスバッグは捨てることにした。ナイロンで底鋲もない2万円代のものだが、
当時の僕に2万円は大金だったのでびびって購入した記憶がある。
不織布に入れて保管していたのでピカピカなのだが、デザインが若すぎるし
もう使うこともないと思うので断捨離の意味を込めて捨てることにした。

モノを大切にすることも大事だが、時には入れ替えることも必要だろう。