星の鼓動は愛

平凡サラリーマンが副業にコミットしてイケてるオッサンになるためのブログ

夏休みだが会社から完全に心が離れている件

今週は5日間夏休みをとって9連休にした。
普段、土日で近場の軽井沢や箱根にドライブがてら旅行しているので、
今回は都内で過ごすことにした。
北の丸公園科学技術館に行ったり、『カーズ クロスロード』を観たり、
近所のプールに通いまくったり、娘の習い事を見学したり、積ん読だった本を
読めたり、有意義に使えた。

f:id:danceswithwolves:20170825182710j:plain:w400

しかし深刻なことに、僕は夏休み期間、会社のことを考えたのは1秒もなかった。
20代の頃は仕事が楽しくて、土日や長期休みでも、会社が早く始まらないかと
ドキドキしていた時期があったのだ。

とはいえ、向上心が衰退したとは思えない。
英会話力アップのために念仏のように英作文を唱えて丸暗記しているし、システム関連の
技術書も読んでいる。個人事業で投資関連企業のシステムを作っているため、自分でも
投資をしてみようと思い、夏休みはテクニカル手法の本も読み漁った。
勉強量は20代の頃より明らかに多いと思う。

つまるところ、もはや完全に会社から心が離れてしまったのだろう。
残念ながら給料は必要なので通いはするが・・・

これはなんだ、ドラッカーの言う中年の危機か。
ホワイトカラーは30代、40代で仕事に飽きてしまうという。情熱を持続させるためには、
第二の人生を考えなければならないそうだ。
確かに僕の学友たちは独立したり独立を考えている人が多いし、転職も盛んだ。

一方で、会社の連中ときたら、一生会社にしがみつくことしか考えていない。
「そんな会社やめればいいじゃん」と思われるかもしれないが、だって楽なんだもん(笑)

まぁ、しかし、こんな状況が長続きするとも思えないので、残りの夏休みで指針を考え、
週明けから行動に移さねば・・・