読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の鼓動は愛

平凡サラリーマンが副業にコミットしてイケてるオッサンになるためのブログ

日経新聞を購読したら副業で50万円儲かった話

ブログ

先日、太っちょの同僚が健康診断にひっかかって痩せたいというので、減量用ザバスを薦めた。

僕「無調整豆乳でわると飲みやすいですよ」
同僚「4,000円もするじゃないですか、高いですよこれ」
僕「50食分だし、無調整豆乳も1000mlで170円だから一杯300mlで150円もしませんよ」
同僚「いやぁ、4,000円はちょっと出せないな〜」

いやいや、あなたが普段飲んでるデブ養成水(ペットボトルのジュース)や、言い訳がましく
手に持ってる黒烏龍茶だって150円はするだろう。それをザバスにするだけでデブから脱して
健康な肉体を手に入れられる
んだぞ・・・

また僕が日経新聞電子版を読んでいることを知った会社の取引先のオッサンが、またひどい。

f:id:danceswithwolves:20170114164005j:plain:w400

オッサン「日経の電子版って月額4,200円もするじゃないですか」
僕「まぁ、新聞ですからね」
オッサン「ニュースなんてネットで無料で読めるのに」
僕「お・・・おう」

もうね、何て返せば良いのでしょうか。

僕の副業の取引先は中小企業のオーナー社長が中心で、彼ら彼女らと会話するには
日経新聞を読んでいることが必須だ。そもそもネットの無料ニュースとは記事の質が・・・
たしかに年額5万円はかかるので安くはないが、副業で得た2017年1月の売上は50万円超だ。
それは日経新聞10年間分相当で、月4,200円など一瞬でペイしてしまう(経費で落とせるし)。

オッサン「それよりこの雑誌読み放題サービス、月400円ですよ!」
僕「ああ、それ流行ってますね」
オッサン「日経新聞の1/10の値段で、この情報量ですよ」

いやいや、あなた、ベッキー不倫だとかSMAP解散だとか、ホリエモンが女装AV男優にカマ掘られた
などというこの世の最もどうでもいいことを知るために、毎月400円も払ってる
のか!

オッサン「こっちの方がお得ですよ」
僕「そりゃあ、お得ですねぇ。。。」

他人の趣味趣向をとやかく言うのは野暮だと思いつつ、あえて言わせてもらえれば、
この手の人々ってお金の使い方が全てペットボトルのジュースと同じだ。
その場の一瞬の快楽のために小銭を使う。

給料安いとか文句言ってるなら、その10万円もするスマートフォンに入っている漫画アプリだとか
ゲームアプリだとか、全部消せよ。そんなものに小銭使うからお金がなくなるのだ。
そういう暇つぶしアプリは、お金も時間も余っているリッチメンがやるものなんだよ。
僕たちノンリッチは消費ではなく生産するためにお金や時間を使うべきなのではないのかね。

と、心の中で思った。