読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の鼓動は愛

平凡サラリーマンが副業にコミットしてイケてるオッサンになるためのブログ

『ゼロから作るDeep Learning――Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』で学ぶ機械学習

ブログ

僕は個人事業を通して、中小企業や零細企業へのマーケティングシステム開発の支援
必要だと感じるようになった。マーケティングシステム開発がコアビジネスでない企業の
場合、アウトソースするケースが多いのだが、情報の非対称性のため高いお金を払ったのに
使い物にならないシステムやビジネスツールを提供されているケース
が目立つ。
僕はクライアント側に立ち、提案や助言をしたり時には自分の手を動かしてインフラ構築や
システム開発を行っていきたい。

僕自身のコアコンピタンスマーケティングシステム開発を掛け合わせた領域におきたい。
その一環なのだが、最近流行りの機械学習を学んでみたくなった。

そのための入門書を探していて、Amazonで高評価の
『ゼロから作るDeep Learning――Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』を購入
しようとしたのだが、なんとAmazonでは売切れ。Kindle版もない。

本書はO'REILLYという技術書を専門に扱う出版社の本なのだが、サイトを見ると3万部も
売れている人気書籍だった。オライリーのサイトでは電子版(PDF)も変えるのだが、
ヨドバシ.comで書籍の在庫があったので即購入。

f:id:danceswithwolves:20161102220430j:plain:w400

すぐにビジネスに繋がるわけではないかもしれないが、自分の視野や事業ドメインを広げる
ためにもこの分野の学習は進めていきたい。

MacBookProに機械学習のためのPython3環境構築

以下、自分用の備忘録で追記。

まずはパッケージ管理ツールのHomeBrewをインストール。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

pythonのバージョン管理するためにpyenvをHomeBrewでインストール。

$ brew install pyenv

パスを設定する。

$ export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
$ export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
$ eval "$(pyenv init -)"

最新だった3.5.2をインストール。

$ pyenv install 3.5.2
$ pyenv versions
* system (set by /Users/ユーザー名/.pyenv/version)
  3.5.2

同バージョンをグローバルに設定。

$ pyenv global 3.5.2
$ pyenv rehash

Pythonの標準的なパッケージ管理ツールpipをインストール。

$ easy_install pip

機械学習に必要なライブラリをpipでインストール。

$ pip install numpy
$ pip install matplotlib

matplotlibを使おうとしたところ、エラーが出た。

RuntimeError: Python is not installed as a framework

他に必要なライブラリをインストールして無事実行可能になった。

$ pip install scikit-learn
$ brew install freetype
$ sudo pip install python-dateutil
$ sudo pip install pyparsing