読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の鼓動は愛

平凡サラリーマンが副業にコミットしてイケてるオッサンになるためのブログ

脱ネット中毒

断捨離というとモノが対象という印象があるが、時間の断捨離こそ生活の質を向上させるために重要だ。
余暇や気晴らしの時間をなくすというわけではなく、生産性のない時間を極力捨て去るのだ。

僕の場合、最大の問題はネットを見ている時間だ。

f:id:danceswithwolves:20161010150319j:plain:w500

もちろんAmazonで本を買ったり、SEIYUドットコムで食品雑貨を買う時間は外せない。
仕事や勉強で調べ物をするのにもネットは不可欠だ。
はてなブログの皆様の記事でインスパイアされ日々のモチベーションを上げたり、自分のブログを書いて
アウトプットすることも必要だ。それは生産的な行動である。
だらだらとソファーに寝転んで、ニュースやまとめ記事を見て消費する時間が悪なのだ。

アルコールや煙草と違って、ネット中毒は体に直接的な害があるわけではない。
またゲーム中毒と違い積極的に何かをしているわけではないので、長時間のネット簡閲は自分が
中毒状態であることが意識しづらい

さらにネットはテレビやラジオと違って別の作業をしながら"ながら見"ができない。
ネットは意識的に遠ざけないと危険な存在なのだ。

ニュース記事やまとめ記事は見ない

最も無意識に簡閲し続けてしまうのが、ニュース記事とまとめ記事だ。
ゴシップニュースやまとめ記事は僕の人生になんの価値も生まない。
最低限の社会ニュースは朝のニュース番組や英語の勉強に使っているVOAで十分だ。
ただし僕は野球や相撲が大好きなので1日30分以内に限り、スポーツニュース記事を見ることは
よしとする。僕には他に生きがいがない。

仕事と勉強目的を覗き、ネットは1日1時間

小学生の頃、ハドソン高橋名人ゲームは1日1時間と言っていた。
僕もその教えに従い、ネットは1日1時間を宣言したい。
せいぜいネットでの買い物、あとはスポーツニュースやはてなブログで皆様の記事を拝見させて
いただくだけなので、1時間におさめることは十分に可能だ。

もちろん仕事や勉強の調べ物はこれに含まない。
なぜならそれは僕の所得を増やしレベルアップするための生産的な行為だからだ。

家族といる時はスマホでネットを見ない

外出先で手もちぶたさになると、スマホでネットニュースを見てしまうことがあった。
しかし他人の行動を見た時に、僕は戦慄した。なんてみっともない行いなのだろうと。

danceswithwolves.hatenablog.com

家族といる時は家族とのコミュニケーションに全力コミットしたい。

中毒症状が出たら読書すれば良い

長時間の無意味なネット簡閲は完全に中毒症状である。
手が勝手にスマホのブラウザを立ち上げ、くだらないニュースを検索してしまう。
それを防ぐために、手持ちぶたさになったらKindleアプリを開いて読書したり、VOAで英語ニュースを 読んだりするように習慣づける

そもそも僕は40歳までにモテモテのオッサンになるとコミットした。
そのためには副業の充実や日々の学習に集中するべきで、だらだらとニュース記事やまとめ記事を
見ている時間は切り捨てなければならない