読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の鼓動は愛

平凡サラリーマンが副業にコミットしてイケてるオッサンになるためのブログ

仕事しなくていいから、合コンに行ってくれ

日常

会社で、僕の隣の席に美人の既婚者Rさんが座っている。

R「いつも誘われるから、断るの疲れるんだよね」
僕「ふ〜ん」

聞き流してから、おかしなことを言っているのに気づく。

僕「誘われるって食事?」
R「そうそう、仕事で接してるだけなのに、みんなすぐ連絡先教えてとか食事に行こうとか。
毎回断るのも失礼かと思うんだけど、行きたくないし」
僕「・・・・・・」

断るのが面倒なくらい誘われるというのは、Rさんのような美人には日常茶飯事なのだろうが、
僕のような非モテにはわからない心境である。

同時に、後ろの席にいる30代の独身女性A子とB子の会話が聞こえて来る。
A子「今日中に企画書書かなくちゃ! 22時まで残業だ!」
B子「私も〜、コンビニに夜食買いに行こう!」

コンビニに行く二人をよそに、定時で帰る美人のRさん。
そして10分後、コンビニからA子とB子が帰ってくる。

二人はコンビニ袋から巨大な串刺しの唐揚げを取り出すと、もっさもっさと食べ始める。

僕「唐揚げ食べてるんだ」
B子「特製の唐揚げなの〜、美味しいの〜。もぐもぐ」
A子「私は野菜スティックも買ったの〜。ぼりぼり」
僕「・・・・・・」

僕はいたたまれない気持ちになり、会社をあとにした。

彼女たちは企画書を作るために22時まで残るといっていた。
その企画書は彼女たちに幸せを与えてくれるのだろうか。

僕は結婚するしないは本人の自由であり、周りがそのことについて言及するのは
余計なお世話と思っていた。
だが、彼女たちがこのままずっと、40歳になっても残業して企画書を書き続け、
誰もいない部屋に帰り、一人で休日を過ごすのを見過ごしていいのだろうか。
残業して企画書を書けばもしかすると上司に褒められ、お給料がちょっとは上がるかもしれない。

しかし、人間は上司に褒められ、お給料がちょっと上がるために生まれてきたのだろうか。

その程度の幸福が、いままで生きてきた成果で良いのだろうか。

そもそも人間はどんな時に幸福を感じるのだろうか。
僕は、人間の欲求は実はそんなに強くないんじゃないかと思う。
ではなぜ人間はお金や健康を欲するのだろうか。
それは自分の愛する人を守るためではないだろうか。
そして自分の愛する人たちに幸福をもたらすことこそ、人間がもっとも
幸福を感じることなのではないだろうか。

いや、こんなことは当たり前すぎて、意識すらしなかったと思う。

そうなのだ、僕たちは誰かを幸せにすることで自分も幸せになれるのである。

僕はA子とB子にすぐにでも合コンをセッティングしてあげたくなった。
しかし残念ながら、一定の水準に達している男は30歳を過ぎるとほとんど全員、結婚しているのだ。
彼女たちは僕の支援は期待せず、すぐにでも唐揚げの串を捨てて、夜の街に繰り出さなければならない。

人は独りで生きていてはいけないのである。

f:id:danceswithwolves:20160721212815j:plain