星の鼓動は愛

平凡サラリーマンが副業にコミットしてイケてるオッサンになるためのブログ

人生の主人公は自分だということ

幼稚園の卒園式があったのだが、ミッション系の幼稚園だったので子供たちを「光の子」として
賛美歌を歌っていた。
園長先生が「あなたたちがイエス様のことを忘れても、イエス様はあなたたちのことを忘れません」
とおっしゃっていたのが印象的だった。
僕はクリスチャンではないので「光の子」の詳細がよくわからないが、キリストと共に歩む人
くらいの意味だろうか。

だが僕はなんとなく、ドラゴンクエスト5を思い出していた。
ドラクエの歴代の主人公は生まれながらに勇者であり、伝説の武器防具を装備でき、勇者のみ使える
究極の呪文を習得できる。だが、ドラクエ5の主人公は伝説の剣を使うことができなかった。
ドラクエ5をプレイした当時、僕は衝撃だった。僕は勇者ではなかったのか・・・

そして主人公に双子の子供が生まれる。
なんと伝説の剣を扱えるのはその子供だった。勇者は自分の子供だったのである。

f:id:danceswithwolves:20170319202529j:plain:w400

このあたりは久美沙織著の『小説ドラゴンクエスト5-天空の花嫁』で主人公の葛藤が描かれている。
(僕はいのまたむつみ先生の美しいイラストが好きだったのだが、変わってしまった・・・)

親になった僕には原作者の堀井雄二氏の気持ちがなんとなくわかる。
なるほど、子供が生まれた瞬間に、世界は子供を中心に回ってしまうのだ。
生活の全ては子供が優先だ。そして自分の成長よりも子供の成長が楽しみになる。
おそらく僕たちの子供は僕たちよりも、より多くの知見を得てその人生はより広いものに
なるかもしれない。日々可能性に満ち溢れる子供たちと接していると、いつしか自分が
彼ら彼女らを支えるためだけの存在と考えてしまう。

しかしそれは、間違った思考だ。
子供の人生は子供のものであり、同様に、僕の人生は僕のものだ。
僕には僕の役目や目的があり、それは子供とは違うものだ。

親になった瞬間に様々な責任や義務が生じるが、それでも子供は人生のパートナーではない。
子供は独立した個であり、僕自身も独立した個なのだ。
子供の卒園式をきっかけに、いろいろ考えさせられた。

副業の仕事が増えてきた

会社帰りに嫁と娘どもにホワイトデーのプレゼントでも買ってやろうかとデパートに立ち寄る。
おお、ゴディバに人だかりが。僕はバレンタインにゴディバをたくさんもらったことがあるが、
自分で買ったことはないなぁ。いくらするんだろう。

( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシゴシ

(;゚ Д゚) …!?

となりの店でマカロンセットを買うことにした。。。

ところで目下、先月依頼された副業の開発案件に仕掛り中なのだが、またもや新規案件を依頼された。
毎月なにかしら仕事がいただけるのはありがたいことだ。見積りは単純に時給1万円で出しているが、
これも目分量だ。

もう少し上げても良いように思えるが、僕の目的は小遣い稼ぎではなく近い将来の事業化であることを
忘れてはいけない。今は価値を提供し続け、顧客にガンガン儲かってもらわなければならない。

そして新しい案件でさまざまな技術にチャレンジすることで、僕のプログラミングの腕も上げていく
という寸法だ。副業で養われる営業力や技術力の強化は単純な金額以上の財産になるだろう。

f:id:danceswithwolves:20170314205122j:plain:w400

また、サラリーマンの本業があることが安心感に繋がっていることも大きい。
サラリーマンのメリットはとりあえず無難に仕事をこなすフリをしていれば、
毎月決まった金額が口座に振り込まれることだ。
デメリットは個人でコントロールできる領域がなさすぎて、将来的なリスクになる。
一方、個人事業は責任は大きいが、個人の才覚と努力と根性でリターンに天井がない。
勤め人と個人事業主をパラレルで行うことで、お互いのデメリットを打ち消し、
メリットだけを享受することができる。

それにしても会社で同僚どもを見ていると本当に生きているのがきつそうだ。
会社からの圧力や社内の出世競争、こんな狭い世界で不毛な戦いをしていたらそりゃあ、心身病むよ。

他の企業を見ても、ベースアップ1,000円のためにオッサンたちが必死だ。

www.nikkei.com

チミたち、何十時間も労使交渉してる暇があったら、ちっとは働けよ。
1,000円が欲しいなら会社帰りにマックでバイトでもすればいいじゃないか。
それを仕事サボって会社に土下座交渉なんて、これが一流大学を出て就活戦線を
勝ち残った人々の末路ですか。。。

1,000円のために会社に人生をコントロールされるのか・・・
恐ろしいなぁ。

怠け者でも人生そこそこ順調な人と人生終わる人

大抵の怠け者は30歳にさしかかると人生が詰むが、中には一見、適当そうに見えて
そこそこ人生が上手くいっている人もいる。両者の違いは何だろうか。

結論から言うと、怠けるに足る努力をしているかではなかろうか。

下世話な例だが、大学の後輩で、英文レポートを翻訳ソフトまる写しで提出している奴がいた。
当然、教授にバレて怒られる。
その時、別の後輩が言った一言を未だに覚えている。

「おまえさ、サボるなら一生懸命サボれよ!」

その後輩も翻訳ソフトを使ったそうだが、一見して表現がおかしいところは直し、
複数の電子辞書の例文を組み合わせてレポートを作ったらしい。
(そこまでするならはじめから真面目に書けよと思うのだが・・・)
ズルをするなら徹底してバレない努力するべきだと言うのだ。

僕は会社では徹底したサボリーマンで、忙しいフリをして面倒な雑用は他人に押し付け、
定時に帰宅している。
そんなことでは出世や昇給は見込めないと思われるかもしれないが、僕はそんなものに
興味はない。会社の仕事を死ぬほど頑張って異次元の成果を出したところで賞与や昇給額は
たかがしれている。それより副業の個人事業にコミットした方が、桁違いに儲かるのだ。
つまり僕は一生懸命に副業することで、会社の仕事をサボることができるのである。

受験にしても同様だ。
授業をサボり、テスト前でも勉強せず学校の成績はからっきしだが、そこそこの大学に受かる
人がいる。学校の授業を適当にこなす分、受験勉強に注力しているのだ。

f:id:danceswithwolves:20170313220734j:plain:w400

つまり、怠けることとそれを補う努力をすることは一対なのだ。
これを勘違いし、学校の勉強もせずゲームばかりしていたり、あるいは会社の仕事をサボって
遊んでばかりいたら、 早々に人生終了だろう。

サボるなら一生懸命サボらなければならないのである。

QOLを上げるために初体験とルーティーン化を繰り返す

いままでやったことのない、新しいことを体験するとQOLが上がる。
行ったことのないレストランに行く、ジョギングのコースを変える、
接したことのない分野の本を読むなどなど。
人間は本能として変化を嫌う生き物なので、放っておくと思考が停止し、
脂肪が増え、生活も惰性になる。気持ち悪いオッサンの完成である。
そこで小さいことでも初体験を繰り返し、新しいことを始める閾値を下げ、
新しいことへチャレンジする抵抗感を減らす。

f:id:danceswithwolves:20170311090132j:plain:w400

日常的に0を1にする作業を繰り返すのだ。
その中で続けるに価するものを見つけたら、あとはルーティーン化する。
ルーティーン化とは意志力を伴わない惰性の作業にするということだ。
新しいことを始める時、非常に意志力を使う。
逆に言えば、それ以外では意志力は極力使わないことだ。

例えば朝活。
通学や通勤のギリギリまで寝ているような自堕落な人間にとって、学校や会社が
始まる前に勉強や運動、副業をするなど信じがたい行為だろう。
そこは我慢して、一度やってみる。
前日1時間早く寝て、1時間早く起きる。
そして本を読んだりジョギングしたり、好きなことをする。
最初の一回目はものすごい意志力が必要となる。
2回目、3回目もきついかもしれない。
しかし我慢して1週間続けていると、早起きしないことが気持ち悪くなる。

また、僕は朝の通勤時間は電車で寝ていたが、イケてるオッサンになるためにブログを
始めてから英語の勉強をしたりKindleで本を読むようにした。
慣れとは恐ろしいもので、ホームに立った瞬間に無意識に本を取り出すか
Kindleアプリを立ち上げている。

ルーティーン化においては、人間の変化を嫌う性質を逆に利用するのだ。

僕の次のチャレンジは・・・部屋の整理整頓だ・・・
かつてない意志力を使う戦いとなるだろう・・・

戦いは金曜日の夜に始まる

今日は会社の研修で地方まで行ってきた。
事業部をあげて行う研修なので、大人数だ。
研修は非常にくだらないもので、担当役員の自己満足だった。
あまりのくだらなさに、会場がグダグダになり、企画した担当役員が
バツの悪そうな雰囲気に。他の役員が失笑していたほどだ。
その後、事業部の今期の成果と来期の目標の発表があった。
皆、自分の給料が決まるので真剣だ。

なんとおぞましい光景だろうか。

副業戦士となった今、僕の年収は僕自身の才覚と努力と根性で決まる。
僕自身がコントロールできるのだ。 しかし会社にへばりつくサラリーマン
にとって、年収は会社のコントロール下に置かれる。
なんて恐ろしいことだろうか・・・

研修後、帰宅するかそのままホテルに泊まって観光を楽しむか選択できる。

僕はもちろん即帰宅を選んだ。今日泊まると、土曜日が潰れてしまう。
土曜日は業務ではないので代休はない。僕は会社の人々は特に嫌いではないが、
彼ら彼女らと週末を過ごすなど、時間の無駄だと判断した。
サラリーマンの愚痴や自分語りなど、申し訳ないが聞くに値しない。

新幹線のホームに行くと数名の同僚がいたが、大多数は泊まっていくようだ。
どうやら、所属チームによっては泊まることが会社への忠誠心の証として半ば
強制らしい。こいつらの頭の中はどうかしているのだろうか。

そしてマッチョを目指す男にとって、土曜日が週の始まりだ。
家族との時間を楽しみ心身をリフレッシュすると共に、けっしてだらけないように
していかなければならない。そのためには金曜日の夜の使い方が重要だ。
気を抜いて酔いつぶれ、だらけて過ごし、土曜日の朝に寝坊するなどあってはならない。

週末だからといって油断せず、いつも通りさっさと寝る。
そして土曜日もいつも通り早起きして、朝ごはんの前に副業か勉強、あるいは
軽い運動をする。ご飯を食べたら掃除洗濯を一通り行い、後は夕方まで家族で
出かけたりして有意義な時間を過ごす。日曜日も同様。

f:id:danceswithwolves:20170310212928j:plain:w500

くだらない用事や欲に邪魔されず、節度を守った生活を維持することも大切なのだ。

副業戦士の財布選び

僕は通勤時もできるだけ身軽でいたいので、先日セカンドバッグを購入した。

danceswithwolves.hatenablog.com

そして財布ももっと軽量化できるのではないかと考えた。
購入したのはまたもや土屋鞄の財布。

f:id:danceswithwolves:20170308213803j:plain:w400

土屋鞄はデザインもコンサバで、品質と値段のバランスが良い。
いかにもなブランド物は僕の趣味には合わない。
この小さい財布に必要最低限のカード類、お札、コインを入れる。
会社に行くのに免許証やクレジットカードは不要なので、家の長財布に入れておく。
保険証とキャッシュカードだけは念のため持って行くが、これだけで十分。

ちなみにいままで使っていたのは、WhitehouseCoxの札入れとコインケース。

f:id:danceswithwolves:20170308213839j:plain:w400

年季が入っているが、20代の新人の時に買ったものだ。
伊勢丹メンズ館で背伸びして買った頃が懐かしい。
ブライドルレザーは手触りが良いので、同じブランドの手帳カバーも使っていた。

ちなみに長財布も持っている。
嫁にクロコの財布をプレゼントした時に、あまりの質の良さに自分のクロコ財布も買ってしまった。
こちらは身分不相応と判断して、普段使いは封印することにした。
副業戦士として中級戦士くらいになったらあらためて使いたい・・・というのもあるが、
革の長財布は重いしかさばるのだ。

女の人は大きな革のバッグに革の長財布を入れているが、重いのによく持ち歩けるなと感心する。

みんながハッピーになる優しい世界

副業を始めて税金対策のために個人事業主登録をした。
今後は案件の獲得だけでなく、税金や契約周りなどの体制も整えていかなければならない。
会計士、税理士、弁護士、司法書士行政書士といういわゆる士業の方々との信頼関係も
構築していく必要がある。
しかし、いったいどの事務所のどの先生が良いのか、全く見当がつかない。
そこで親に相談すると、議員の先生を紹介してくれるという。
議員の先生は仕事柄、士業の方々との人脈も豊富だ。
僕が今後、個人事業を展開していく上で知りたいことを議員さんに伝えると、
司法書士の先生を紹介してくれることになった。

会社を休んで、会いに行く。
車を百貨店の駐車場に停め、議員さんと待ち合わせしている役所に。
そのまま司法書士の事務所に移動。
司法書士の先生は僕の質問に丁寧に答えてくれて、とても勉強になった。

司法書士の先生も今後、僕から依頼があれば儲かるし、議員の先生も少なくとも
僕と嫁の2票をゲット。僕も信頼出来る人を紹介してもらえたので、みんなハッピーだ。
なるほど、世の中、こんな感じで回っているのか。

f:id:danceswithwolves:20170303194625j:plain:w400

思えば、僕が副業を始めたのも、システム開発に苦しんでいる中小企業を
助けたいと思ったからだ。クライアントも僕もある程度「緩く」仕事をすることで、
お互いのリスクとコストを減らしている。僕もクライアントも共にハッピーだ。

これが会社の仕事だとこんなに上手くはいかないだろう。
僕の勤める会社の商品・サービスを利用している顧客にも、あるいは僕の会社が
仕事を依頼している開発会社も、どちらかが得するには、どちらかが損しなければならないのだ。

僕の会社は、詳しくは書けないが、ある種の「幻想」を顧客に提供している。
顧客は「幻想」を享受することで、幸福感を得ることができる。
僕は人生は人それぞれなので、たとえ「幻想」相手でも幸福を感じるならば、それは意味のある
ことなのだと理解はしている。
が、心のどこかで「こんな幻想なんか捨てて、現実を楽しくすればいいのに・・・」と思っている。
顧客が僕の本心を知ったら気分を害するだろうか・・・?
僕は会社では矛盾の中で仕事をしているのだ。

僕が副業を続けようと思うのも、仕事を通してクライアントも僕も幸せになれるからだろう。